無料バイク査定を上手に活用できれば高額売却は十分に可能

バイク一括査定愛車を売却する場合、個人売買で売却するオーナーさん以外は、必ずどこかで査定を受ける必要がある。

そこで、バイク売却の経験が少ない方は「そもそもバイク査定には費用がかかるものなのか」という部分が気になるのではないだろうか。

当サイトでも、気になる売却先が見つかればガンガン査定に申込むべき・・・というスタンスを推奨しているが、もし査定に費用がかかるのなら大きな出費いなってしまう。

だが安心してほしい。

名のしれたバイク買取店やバイク販売店なら、査定を受けて買取が成立しなくとも査定費用を請求される心配はない。つまり売却オーナーさんにとってマイナスな部分はひとつもない。

なのでひとつでも多くの売却先で査定した方が絶対に得だし、高額査定の売却先が見つかる確率も高い、これは管理人の経験上間違いない。例えば以下のような一切無料で査定する店舗、かつ安定して高額査定をもらえる店舗から選んで査定しておきたい。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

無料のバイク査定といいつつ出張費用を請求する買取業者も

ただし査定費用に関しては、基本的に一切無料の業者がほとんどだが、中には「買取成立時にかぎり査定費用が0円・・・」というスタンスの売却先があるのも事実。この部分には事前に注意しておきたい。

管理人の経験上、こういった売却先の多くは大手や知名度の高い売却先ではなく正直知名度の低いバイク買取店がほとんど。厄介なことに公式サイトにも明記されていないケースもあるので、売却先選びでは注意してもらいたい。

かくいう管理人も過去に知名度の低いバイク買取店を試しに利用し、査定額に納得いかず売却できないと伝えたところ「それでは出張査定費用だけ頂きます・・・」と平然といわれ啞然とした記憶がある。

なんとかその場は、明確な表記が無いことを理由に支払いには応じられないと弁明し支払いは逃れたが、バイク売却査定に不慣れな方であれば間違いなく徴収されているかと思う。(もちろんその買取店は二度と利用していないが)

そもそも高額査定をうたっておきながら査定額が低いのが買取不成立の原因・・・。原因は棚に上げて出張査定費用を請求するというのは、どう考えてもバイク買取店側の勝手な都合である。

そういったバイク買取店に売却したところで、後のトラブルの可能性も高いだろうから、最初から利用しない方が良いことは言うまでもない。

一切無料で出張査定する売却先は本気度が違う!

上述したように、公式サイトに無料の出張査定といった記載があったとしても、買取不成立の場合は別途で出張査定費用を請求してくる売却先も少なくないといわれている。

まあバイク買取店からみれば、わざわざトラックを乗りつけてバイクを引き取るつもりで査定に足を運ぶわけである。理由がどうであれ査定スタッフの人件費を考えても買取不成立では大きな赤字だといえる。

つまりせめて人件費やトラックの燃料費だけでも回収しておきたい気持ちはわかる。

とはいえ、バイク査定で他社よりも高額査定を提示できれば最初からそんな心配など不要である。文句なしの査定額を提示されれば通常の売却オーナーさんはその場で即決しバイクを引き渡すわけなのだから・・・。

こういったやり方をみると、捻くれた管理人としては、他店舗の査定額に負けてしまう前提としたセーフティーネットなのでは?と勘ぐってしまう。買取不成立の場合でも赤字だけは避けたい・・・という気持ちの現れである。

一方、買取不成立だろうが一切無料で出張査定してくれる大手のバイク買取店は、買取不成立であれば赤字は確実、当然ながら買取りに対する本気度がまったく別物である。

その本気度が熱となって他店舗を上回る査定額につながる事を考えれば、一切無料の出張査定を行なう売却先を選ぶべきなのは疑う余地もないかと思う。

無料査定の表記だけでを信用してはいけない

出張査定の費用の面、査定に対する本気度の面、トータル的に考えて大手の知名度の高いバイク買取店を利用すべきかとは思うが、実は他にもいろいろな理由も考えられる。

中でも大手はブランドの看板を背負っている・・・という部分が大きいのではと管理人は考えている。

中小のバイク買取店や販売店と違い、大手のバイク買取店(バイク王やバイクランド、バイクブーン、バイクワン等)になれば、査定スタッフとしては自社の看板を背負って査定に足を運ぶことになる。

そして複数店舗で査定しているオーナーさんであれば、嫌でも競合他社の査定額と露骨に比較されるわけである。言いかえれば、どんなに頑張って査定しようが、結局最後は他店舗の査定額と比較され、相対的に判断されてしまう。

つまり大手のバイク買取店としては、査定額で他店舗よりも高額査定できれば自然とブランドイメージが上がるし、逆に他店舗に負けてしまえば、安い買取というレッテルを貼られる可能性もあるのである、それはブランドイメージとしては非常に深刻な問題ともいえる。

なので本来は限界の査定額であっても、自社のブランドイメージを守るために、利益を削ってでも無理して買取を成立させるシチュエーションも当然ながらでてくる。査定スタッフとしては目先の利益は少々減るだろうがが、今後のブランドイメージを考えた場合、賢い選択だと管理人も思う。

やはりそういった意味でも「大手のバイク買取店の中から複数店舗を選び競合させる」という定番の売却方法がもっとも高額になりやすいのは、非常に理に適っているといえるだろう。