バイク査定の評判は信用しても良いのだろうか?

売却の評判今のようなスマホの普及した現代では、買い物だけでなく何らかの決断に迫られた場合、ネット上の評判やレビューを参考にしている人は多いかと思う。

管理人もちょっとした買い物だったり、知識が足りず自分では判断できない場合、ネットの評判に委ねる場合も多い。

たしかに経験者の意見や体験談といった生の情報は、商品の公式サイトや広告などよりも本質をついている場合も多く、良い意見も悪い意見も参考になるものだ。

しかし、ことバイク査定の評判やレビューを自分のバイク売却の基準にしてしまうのは、管理人としては少し危険な気もする。小さな買い物と違ってバイクの売却ではそれなりに大きな金額が動く。他人の意見だけで判断するには少々無理があるといえる。

そんな他人の意見や評判で売却先を判断するくらいなら、管理人としては以下のような査定額が高くなりやすい売却先の中から直感を信じて査定した方が、どんな結果だろうと納得できるし結果も良いかと思う。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイク査定の評判は軽く読み流す程度で丁度よい

もちろんバイクの売却先選びの参考程度に評判や口コミを読み流すのは構わない…むしろ多少の予備知識は必要かもしれない。

しかし往々にして、ネット上のバイク査定の評判といえばネガティブな意見が目立つ。何らかの個人的な恨みでもあるのか…といえるほど特定の売却先の査定についてこき下ろすようなレビューや口コミが溢れている。

そういったバイク査定の評判を「他人の意見は所詮、他人の意見なので気にならない」と受け流すことができる方であれば、評判やレビューを有効に利用できるかもしれない。

しかし大概のバイク売却オーナーさんは、自分で判断ができないからネット上の評判を探しているわけである。よって当然だが、そういったネガティブな口コミや評判ほど信じてしまう傾向がある。

その結果、実際に査定すれば高額査定だったかもしれない売却先、つまり売るべき相手をみすみす逃すことになる。管理人からすればそれが1番勿体無いことだといえる。

バイク査定の評判はネガティブな意見よりもポジティブな意見を参考に

上記のような理由から、バイク査定の評判や口コミをそのまま信用して売却先を選んではいけない事は納得してもらえたかと思う。

例え気になる売却先のネガティブな評判や口コミが多かったとしても、所詮は他人のバイク、他人の価値観からみたひとつの意見と受け入れるようにして欲しい。

そもそもバイク買取店による出張査定やバイク販売店での持込査定は、基本的に一切無料である。例え希望の査定額に達しなかったとしても金銭的なマイナスは生じない、つまり金銭的なリスクゼロである。

なのでバイク査定の評判や口コミを参考にする場合、ネガティブな意見以上にポジティブな意見を参考にしてもらいたい。

少なくともネガティブな意見を信じて売却先候補を減らすよりは、ポジティブな意見を信用して売却先候補が増える方が結果としては高額査定につながるためだ。

バイク査定の評判や口コミは意図的に書き込まれたものが多い

ここまでバイク査定の評判について話してきたが、せっかくなのでネット上に溢れる業者によって書き込まれた意図的な口コミや評判についても説明しておきたい。

意図的な口コミや評判というのは、簡単にいってしまえば業界内部の人間が、ユーザーを意図的に誘導する目的で書き込まれた口コミや評判のことである。

最近ではこの手の口コミや評判も巧妙化しているのため、バイク買取業界での経験のある管理人でも途中まで気がつかないケースもあり、巧妙かつ悪質ともいえる。バイク売却に不慣れな人間ではまず見抜くことはできないはずだ。

様々なパターンがあるが、基本的には「他店舗の査定は低かったがこの店舗だけは査定額が高かった」という口コミや評判は自作自演の誘導目的の口コミや評判という確率が高い。全てとはいえないが、高確率で業界内部の書き込みと思っても良いかと思う。

特定の店舗を賞賛する口コミや評判が怪しいのは上記の通りだが、反対に特定の店舗だけをこき下ろす口コミや評判も業界内の人間による書き込みの可能性が高いと管理人は考えている。

自社よりも買取実績の多い有名バイク買取店をこき下ろすことで、査定を検討していた売却オーナーさんを自社に誘導することも可能である。

売却オーナーさんの多くが、査定前にネット上の口コミや評判を参考にしている事を知った上での悪質な書き込みといえる。

そもそもバイク査定の評判は最初からアテにしてはいけない

たしかに愛車を売却するのなら失敗したくない…という気持ちは売却予定のオーナーさんであれば当然のことだと思う。

もちろん愛車売却で失敗しないために、バイク査定の評判を調べることも普通のことだし、売却に真剣な方ほど必死に調べる傾向もある。

しかし根本的な部分ではあるが、そもそもバイク査定の評判など最初から大したアテにならない…という事実も忘れてはいけない事実だともいえる。

バイクの車種や状態、年式に走行距離、業者オークション相場や人気…と複雑な条件によって算出されるバイクの査定額は、少し大袈裟な言い方をすれば「同じ査定額の車両など1台も無い」わけである。

つまり愛車と似たような他人のバイクだからといって同じような査定額になる保証は無いだろうし、その他人のバイクを高く査定した売却先が自分の愛車を高く査定する保証も無いということだ。

例えば同じ車両を同じバイク買取店で査定したとしても、当日足を運んでくれた査定スタッフの当たり外れによって査定額は大きく変わるものだし、査定の日時によっても微妙に査定額は変わる。

結局はバイク査定の評判なんかに踊らされず、少しでも多くの売却先で査定を受けてみることが重要だろうし、確実に高額売却の可能性は高いと思う。