バイクをオークションで売却するという選択は正しいのか

インターネットオークションこれだけスマホやタブレットが普及してくると、何でもインターネットで済ませることができるのでは…と本気で考えてしまうのも仕方が無いかと思う。

そもそもAmazonや楽天をはじめ、買い物の中心もインターネットの世界に移りつつある。

こういった流れは止めることができないだろうから、管理人としても受け入れるしかないだろうと考えている。少し寂しい気もするが…。

そんな中、バイクの売却先もインターネットの世界で済ませるという選択肢もある。いわゆるヤフオクのようなネットオークションとよばれる個人売買のことである。

バイクの売却先はすべて試さないと気が済まないと自負する管理人も、過去に何台も出品した経験もある(それ以上に落札もあるが…)。

で結果として、通常の売却先では評価されない特殊な車両の売却では利用価値が高いが一般的な車両の売却には向いていない、というのが素直な感想である。

他のすべての売却先と比較しても極めて特殊だし、悪質な落札者というリスクを考えると、不慣れな売却オーナーさんには絶対にお勧めできないだろう。

売却までの手間や時間、落札金額、クレームやトラブルといったリスクを考えた場合、ネットオークションとほぼ同額で手間なく買取してもらえる以下のようなバイク買取店を利用した方が精神的にも負担がかからず、はるかにお勧めだと思う。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

オークションでバイクを売るには手間と時間、精神的な苦痛もともなう

そもそもバイク買取店や中古バイク販売店への売却に比べ、ヤフオクのようなネットオークションでの売却は非常に手間がかかる。

愛車の状態をトラブルの無いように細部まで撮影し、それでいて入札したくなるような魅力的な写真も必要となってくる。入札者としては写真でイメージを膨らませて購入に至るわけだから、この部分は手を抜けない。

もちろん細部の状態もしっかりと掲載しなければ、後々のトラブルとなる。取引金額の大きなバイクの場合、そういった細部の情報ひとつでクレームやキャンセルといったトラブルの原因となるので注意すべきだろう。

もちろん出品したら終わり、というわけではない。毎日のようにバイクの状態や引き渡しに関する質問がくる場合もあるだろうから、一つ一つ返答しなくてはならない。

とくにヤフオクのような利用者数の多いネットオークションの場合、まったくのバイクの素人さんも入札してくるため、こんな初歩的な質問まで…という部分もマジメに返答しなくてはならない。

もちろん落札されたら今度は引き渡しや取引の連絡が待っている。もちろんレスポンスの良い落札者さんとは限らない。こちらが取引連絡を行なっても1~2日経過してから返答してくるルーズな落札者も少なくない。

ルーズなだけであれば良いが、中には約束した名義変更を完了してくれない落札者や、バイクの調子がイマイチなので修理費用をよこせと強引な落札者も多いといわれている。

こちらが落札者を選べないシステムだけに、こういった落札者に落札されたら堪ったものではない。

もしこういった全ての手間やリスクを考えても、それだけネットオークションで高額になる車両であれば、我慢して出品するのもアリかもしれない。

しかし管理人としては、金銭では換算できない手間や時間、精神的なイライラや不安を考えた上で、間違いなくバイク買取店で即日に引き取って貰う方法をお勧めしたい。

バイク売却前にオークションの現状を知る

管理人としては信じがたいが、最近でもヤフオクのようなネットオークションでバイクを売却する方法がもっとも高額だと考えているオーナーさんもいるかと思う。

たしかに数年前(10年近く前だとは思うが)までは、利用者も一般のユーザーさんが中心で、良質なバイクがお得な価格で購入できたし、出品者としてもバイク販売店に持込むよりも高額で落札されるケースも多々あったと思う。

しかし利用者数が急増したことで、最近のバイクの売買に関しては、とても一般のユーザーとはいえないプロのような業者が増えてしまったようだ。表向きは一般のユーザーを装ってはいるが、出品商品とみれば明らかである。

業者オークションと違い、業者オークションの中間マージンが無い分、良質な中古バイクを安く落札できれば非常に利益は大きい。ある程度、平均化された業者オークションよりも手間はかかるだろうが、掘り出し物がみつかる可能性も高い。おまけに利用料も非常に安い。

もちろん日本全国を対象に買い付けや売却ができるため、そういった業者がネットオークションを利用し始めたのは自然な流れかとも思う。

もちろん業者が増えたということは、一般のユーザーにとっては大きなマイナスなのは間違いない。中古バイクの相場を知り尽くしたプロを相手に張り合ったところで素人に勝ち目など無いわけだから・・・。

つまり現在のヤフオクのような大手ネットオークションはプロと素人が混在した状態ともいえる。過去のネットオークションのような予想以上の落札金額といった淡い期待は残念な結果になるので最初から持たない方が良いだろう。

オークションでのバイク売却が安くなる理由

さて、ネットオークションでのバイク売却が非常に面倒なわりに高額になりにくい・・・という部分は知ってもらえたかと思うので、ここからはネットオークションでバイクが高額になりにくい理由について考えてみたい。

この部分にも諸説あるかと思うが、管理人としては、この理由はとてもシンプルだと考えている。

単純に安いバイクを購入したいユーザーがオークションを利用しているから・・・に他ならない。細かい理由はいろいろあるだろうが、根本的にはこの部分が大きいと思える。

そもそも特殊な車両やレア車両を除いて、ネットオークションに出品されているバイクはディーラーや中古バイク販売店でも購入できるはず。敢えてネットオークションを利用しているのは「少しでも安く購入したいから」である。

出品者にとっても面倒な作業が多いオークションでのバイク売却。もちろん落札者にとっても面倒な部分も多く、バイクの状態に関するリスク、悪質な出品者かもしれないリスクがある。

つまり実店舗で購入すれば避けれるリスクを背負ってまでネットオークションを利用する本音としては、実店舗よりも何割かは安く購入できるはず・・・という部分がある。

ネットオークションでのバイク売却がいわゆるオークション相場周辺までしか入札されないのは、こういった落札者の気持ちが大きく関係しているのは間違いないだろう。