バイク売却でレッドバロンは査定すべき売却先なのか

レッドバロンキャンペーンバイクの売却先を大きく分けた場合、バイク王のような出張査定のバイク買取店と、自分から愛車を持込むレッドバロンのようなバイク販売店での売却という選択肢がある。

ネット上のバイク売却関係の情報サイトには、バイク買取店が高額査定だとか、中古バイク販売店こそ高額査定だといった情報もあるが、管理人としては完全にケース・バイ・ケースだろうから、一概にどちらがお勧めだとか言うつもりは毛頭ない。

唯一、管理人がアドバイスできる確実なことは以下のこと。

自分の愛車をもっとも評価してくれる売却先を見つけるためには、買取店とかバイク販売店といった先入観を捨てて、とりあえず査定してみるくらいの気持ちが大切…ということである。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

どの売却先がバイクを高額に査定するのか・・・状況によって違う!

そもそも最近のバイク買取のメインストリームがバイク買取店の出張査定という事実は間違いないだろうが、だからといってバイク買取店の査定額の方が確実に高いというわけではない。

むしろ車種や状態によってはレッドバロンのような中古バイク販売店に持ち込んだ方が高くなるケースなど幾らでもある。これは管理人の売却歴をみても間違いない。もちろんちょっとした注意は必要ともいえるが…。

もちろんレッドバロンに限らずどこの販売店でもいえるが、愛車の相場を知らない状態で持込んでしまう事は管理人からすれば無謀極まりない。

すでに査定場所が販売店というアウェイな状態ということもあり、相場も知らなければ交渉にもならず高額査定は厳しいと言わざるをえない。

なのでレッドバロンのようなバイク販売店の持込査定を視野に入れている人は、どの店舗でもいいので1つ2つのバイク買取店で出張査定しておくことをお勧めしたい。売却せずとも愛車の取引相場を知る確実な方法だといえる。

むしろ売却しないオーナーさんこそ大切な見込み客

こういった管理人の意見に対し、中には「売却するか分からないのに出張査定を利用して良いものか」と考えるオーナーさんもいるかと思う。むしろそう考えるのが普通なのかもしれない。

しかし売却経験の豊富な管理人からすれば、そんな心配はまったく不要だといえる。

というのも、バイク買取店は確実に売却してもらえるオーナーさんだけでなく、潜在的な見込み客を少しでも多く獲得しようと努力している。つまり売却するか微妙なオーナーさんからの査定こそ大歓迎なのである。

少し厳しい言い方をすれば、出張査定に足を運んで買取が成約できなかったのは、査定スタッフや買取店の努力が足りないだけ。ぶっちゃけた話、利益を最小限におさえることができれば最高額の査定は提示できるはずなのだから。

そういった自社のシステムを棚に上げて、買取りできないと知った途端に対応が豹変するバイク買取店があるとするならば、少々乱暴かもしれないが、SNSでもブログでも利用してどんどん拡散し、バイク買取業界のためにも淘汰された方が良いのでは…とさえ思う。

レッドバロンは最大手だけに高額査定もありうる

もしバイク買取店で査定相場を知った上で、バイク販売店に持込んでの査定も試してみたいなら、それは管理人としても応援したい。

ネット上の口コミや評判に踊らされず、己の価値観で常識を疑って行動する態度は愛車売却にとってもプラスに働くのは間違いないはずである。

そんな場合、どういった順番でバイク販売店に持込むべきなのか…という部分に悩んでしまう方もいるだろう。

これには諸説あるだろうが、管理人としては有名店、知名度の高い店舗から優先して査定に持込むべきだと考える。これにはいろいろ理由はあるが、もっとも大きな理由としては後に控えた売却先に対して大手の査定額はこちらの優位に働くケースが多いため。

簡単にいってしまえば、最初に大手のレッドバロンやバイカーズステーション・ソックスで提示された査定額を用意できれば、その後の小さなバイク販売店での査定額も対抗して上がりやすい。

知名度の低いバイク販売店の場合、勝負できる部分があるとすれば「査定額」のみ。つまり大手の査定額を上回る査定額を提示して自店舗の評判を上げたいと思うのは自然なことである。

そういったバイク販売店の仕組みを知った上で、ユーザーとしては査定スタッフやメカニックの心理的な部分を利用するのは少々ズルい方法ともいえるが、バイク販売店を利用するなら知っておくべき方法だといえる。

レッドバロンで売却するならキャンペーンを利用すべき

買取の中心が、これまでの持込査定からバイク買取店の出張査定にシフトしたことにより、レッドバロンをはじめとしたバイク販売店に持ち込まれる車両が激減した事実は有名な話である。

そもそもレッドバロンやバイカーズステーション・ソックス等のバイク販売店にとって、バイクの持込査定が減るということは、下取り客が減るということでもある。

つまり新しいバイクの販売台数が減ることに直結する。これはバイク販売店としては非常に深刻な事態ともいえる。

そこでレッドバロンがバイク買取店の出張査定に対抗して実施したキャンペーンが「バイク買取店よりも3万円アップキャンペーン」。簡単にいってしまえばバイク買取店の査定額に3万円上乗せするので持込んで下さい…といったキャンペーン。

大手のバイク買取店で出張査定を行い、査定票や査定スタッフの名刺を用意して持ち込んでもらえば、基本的に無条件で3万円高く査定するという大胆なキャンペーンである。

しかし、ここでよく考えて欲しい。

こういったキャンペーンを実施するということは、それ以前の査定額はバイク買取店よりも安かったことや、比較対象となる査定額が無ければ高くならないことを自白しているようにも感じられる。

管理人としては、本当に査定額に自信がありバイク買取店と正面からぶつかり合う覚悟があるならば、こういった派手なキャンペーンなど提唱せず、純粋に査定額で勝負してもらいたいものである。

もちろん一般の売却オーナーさんとしては、レッドバロンを利用するならば当然だが、こういったキャンペーンは利用しておくのが賢明だといえる。持込む前に幾つかの売却先で出張査定をしてもっとも高額な査定額を材料にレッドバロンに持込んでもらいたい。