バイク売却の注意点と高額査定のコツ

バイク売却の注意過去に何台もバイクを売却した経験のある方なら感覚的に身についているかもしれないが、初めての愛車売却という方の場合、どういった部分に注意するべきなのか不安かと思う。

管理人も今でこそバイク売却のベテランだが、若い頃に初めて売却した時のドキドキは今でも鮮明に覚えている(もちろん安く買い叩かれたという事実も…笑)

そこで今回、過去の管理人のように安く買い叩かれないように、バイク売却でどういった部分に注意すべきなのかをまとめてみることにした。

バイク買取業界で働いていた経験、過去に20台近くものバイクを売却してきた経験をもとに、愛車を売るなら最低限ここだけは注意しておきたい…といった部分をピックアップしたので参考にして欲しい。

もちろんこれから説明する注意点も高額査定に必須なのは言うまでもないが、それと同様に…いやそれ以上に大切かもしれない部分が売却先選びと言えなくもない。

もし売却先選びに迷った場合、管理人の過去の買取データから確実に他店舗よりも高くなりやすかった以下の売却先も選択肢に加えてみることをお勧めしておく。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

売却先選びが甘ければ高額査定は不可能

突然だが、バイク売却において失敗…つまり希望の査定額をゲットできなかった方の多くは、バイク売却の注意点を守らなかったケースもあるが、単純に売却先選びが甘かっただけだと管理人は考えている。

つまり高額査定のために注意深く準備を進めたにもかかわらず、最終的に査定すべき相手を間違えてしまった…単純にそれだけの話である。当然ながら相手を間違えてしまえば希望金額はゲットできない。

つまり愛車を高額で売却するには、下準備や心構えのような部分と、最終的な売却先選びの部分を車輪の両軸として考える必要があるということだ。

どちらかに注意しただけでは高額査定はゲットできない。厳しい言い方かもしれないが、最初にこの事実を肝に銘じておいて欲しい。

徹底的に愛車を観察し改善しておく

実に当たり前の事ではあるが、意外と見落としがちば部分といえる愛車の下準備。

バイク査定の仕組みをいってしまうと、まずは車種や年式、状態に走行距離、そして業者オークション相場といった部分を考えて暫定的な査定額が算出される。

暫定的な査定額が決まったところで、今度は現車を確認して減額すべき部分を暫定の査定額からマイナスしていく…つまり状態が良いからといってプラスに査定するようなものではなく、減点方式である。

ならば事前に少しでも愛車の減額部分を改善しておけば、その部分の減額を避けることがきるために査定額も高い状態を保つことがきるというもの。

できれば愛車のトータル的なイメージアップも兼ねて、洗車のついでに愛車の状態を細かく観察してもらいたい。外装はもちろん、エンジン付近や足回り、シートレールの下部やディスクローターの摩耗なんかもチェックしておきたい。

詳しい査定基準については他のページで改めて説明するが、バイクの査定ポイントは基本的に決まっている。

その査定基準を先回りして観察し、必要であれば改善、対処しておくことで減額ポイントを最低限に減らすことができれば、それだけ査定額は高くなるはずだ。

注意して欲しい査定交渉でのポイント

売却を控えたオーナーさんにとって「査定交渉でどのように振る舞えばよいのか?」という部分が気になる方も多いかもしれない。過去にバイク買取店の出張査定を試した経験のないユーザーさんであれば尚更のことである。

アテにならない口コミや評判とはいえ、ネット上の情報には「バイク買取店の査定スタッフがしつこくて帰ってくれない」や「買取をお断りすると、威圧的な態度に豹変し、強引に買取を迫られた」といった査定交渉が不安になる情報が多いことも関係しているのだろう。

だが、その部分は安心してもらいたい。もし本当にそんなバイク買取店があるとすれば、ネット上の書き込みやツイッター、フェイスブック等のSNSで炎上するはずなので、営業を続けることはできないだけでなく、社会問題としてマスコミも放ってはおかないだろうから。

査定額の減額を恐れず現状をしっかりと伝える

また、査定額が下がることを恐れて、事故や修理の履歴を隠してしまうオーナーさんも多いのだが、元バイク買取業界の人間としては立場が不利になるだけなので止めてもらいたい。

もちろん、取るに足らない小さなキズや立ちごけ程度なら、査定に関係ないし報告する必要もない。

しかし大きな事故や致命的な修理、部品交換等の情報を伝えない場合、発覚すればオーナーさんの立場が不利になってしまうだけでなく、査定スタッフとの信頼関係も崩れるだろう。

つまり信用出来ないオーナーさんには、最低限の査定額しか提示されない…当然のことである。

大きな事故や修理となれば、見せかけは綺麗に修理されているだろうが必ずどこかに痕跡は残る。フレームに微細な塗装の剥がれが生じたり、歪みが残る場合が多い。

プロの査定スタッフであれば、確実にそういった部分は見破るはずである。もちろんしっかりと修理されている場合、こちらが想像するような大きなマイナスにならないケースも多い。

後で査定スタッフとのやりとりがギクシャクする事を考えるなら最初から報告しておくのが賢明だろう。