バイク売却の評判を信じてはいけない理由

バイク売る評判10年前のバイク売却と現在のバイク売却、もっとも大きく変化した部分といえば、ネット上で売却先の評判や口コミを簡単にゲットできる点かと思う。

せっかくなら愛車の売却に失敗しなくない…という理由なのか、売却先の評判や口コミをネット上で探してしまう気持ちもわかる。

スマホが普及した現代では尚更のことだろう。

しかし、ことバイク売却に関してはネット通販の買い物などと違い、他人の評判や口コミなど大したアテにならないという事実は頭の隅に置いておくべきかもしれない。

そもそもネット上の評判や口コミといったものは匿名性が高いため、無責任だったり誹謗中傷に近いものも目立つ。中には本当に役立つ口コミや評判もあるにはあるが、一般ユーザーさんのレベルでは見分けることができないというのが正直なところかもしれない。

もちろん参考程度に読み流すなら構わないが、そういった評判や口コミで最終的な売却先を決めてしまうのは、良く言えばピュアともいえるが、バイク売却では取り返しのつかない失敗につながる可能性すらある。

いっそ管理人としては、評判や口コミをまったく知らずに、以下のような売却先にランダムに申し込んだ方が、結果としては高額査定の可能性が高いのでは?とさえ思う。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイク売却や買取店舗の評判が信じられない理由

評判や口コミを過剰に信じてはいけない理由には、上記のような無責任な情報が多いという面もあるが、実は他にも多くの理由がある。

例えば一般のユーザーさんの場合でも、自分の愛車が希望通りに査定されなかった腹いせ的に、特定のバイク買取店やバイク販売店を悪く書き込んでいるケースもある。

さらにもっと酷い場合、業界内部の人間が、他社のネガティブな口コミや評判を意図的に書き込んでいる…なんてケースも少なくない。

バイク買取業界としても、こういったネット上の口コミや評判が買取実績を大きく左右することは百も承知だろうから、一種の営業行為ともいえる、もちろん相手の店舗としては大迷惑なことではあるが。

つまり、情報の真偽を確認する術がないネット上の口コミや評判をそのまま真に受けてしまった事で、本来は愛車をもっとも高額査定したかもしれない大切な売却先を逃してしまう危険もあるということである。

バイク売却の評判を比較する場合に注意すべき部分

そうはいっても、バイク売却に慣れていない方が一から売却先を選ぶとなると非常に悩んでしまうかもしれない。

全てのバイク買取店や中古バイク販売店で査定するなんて到底無理なことだから、査定の手間や時間をトータルで考えても、2つ3つの売却先に絞っておく必要がある。

そこで評判や口コミを参考に売却先を絞る方も多いかもしれないが、そんな場合は管理人としては以下の部分にもっとも注意してもらいたい。

漠然とバイク買取店や中古バイク販売店の口コミや評判を探す人もいるが、最低限、自分の愛車と同車種の口コミや類似車種の口コミを探しだして欲しい。

当たり前のことではあるが、バイク査定というものは車種や年式、状態等で査定額は変わるものだし、売却すべき相手も変わる。つまり車種が違う口コミや評判なんて最初から参考にしてはいけない。

欲を言えば、その口コミや評判の公開された時期が最近の情報だと、より参考になるかと思う。公開日時のハッキリしていない口コミや評判は変化の激しいバイク買取業界では何の意味ももたないかと思う。

特定の買取店をゴリ押ししている情報にも注意すべき

また、口コミや評判が信用に値するかどうか…といった部分は、その情報が勧める売却方法や売却先からも判断できるケースもある。

例えば特定のバイク買取業界一社をゴリ押ししている場合、口コミや評判そのものが業界内部の人間によって書き込まれた可能性もある。もちろん特定の一社を否定するネガティブな書き込みでも同じことがいえる。

また売却方法についても、「バイク買取店の出張査定が安いのでバイク販売店の◯◯で査定したら予想以上でした♪」といった口コミや評判であれば、バイク販売店の人間が、バイク買取店に流れたオーナーさんを取り戻すために書き込んでいる可能性を疑った方が良いかもしれない。

そもそもバイクの査定額とは、車種や年式、状態や中古市場での人気等が絡み合っているため、ある程度の予想はできても、最終的な査定額などどこが最高額なのか分からない…という事は管理人の経験上でも明らか。

どう考えても、訪れたユーザーの車種や状態にも関係なく、どこかの一社をゴリ押しすることは高額査定のコツと矛盾していると言わざるをえない。

もちろん最終的に口コミや評判を信じるかどうかは、オーナーさん次第なのかもしれないが、管理人の経験から考えると、アテにならない情報収集に時間を費やすのなら、1日でも早く申込みや持込といった行動を開始した方が良い結果になるかと思う。