バイクを売るかどうか…査定を受けてから判断したい!そんな方にお勧めの方法とは?

仕事の都合や家庭の諸事情によって、大好きな愛車に乗るシチュエーションが当分は無さそうだ…

こういった場合、維持費や税金のかかる中型バイクや大型バイクともなれば、いっその事、これを機に売却してしまった方が…と考える方も多いのではないだろうか。

本当ならば、乗れるタイミングまで保管しておければベストかもしれないが、周囲の人間からすれば、乗りもしないバイクなど邪魔な存在なのである。

もしそれなりの金額で査定されるならば、売却という手段も視野にいれておくのが大人の選択といえるかもしれない。

未練がましくズルズルと売却を引き延ばしてしまえばそれだけバイクの価値は下がる…つまり査定額が安くなるという意味でもある。男として決断する度胸も必要といえるだろう。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

売却するか迷っている客は店舗にとって大切な見込み客!

とはいえ、せっかく大切に乗り続けてきた愛車である。

大型バイクだろうが、原付バイクやスクーターであろうが、それなりの査定額で売却できないならば、売らずに保管し続けたい…というのが皆さんの本音かと思う。

とくに購入時にそれなりの金額を払った場合、極端に査定額が安いなら売却する気も失せるというものだ。
なので管理人としては、確実に売却を決めていなくとも、とりあえず1つ2つの店舗で査定してみることをお勧めする。

もしかしたら当サイトのユーザーさんの中にも「あの手の出張査定や持込査定、売却が決まっていなければ申込んではいけないのでは…」と考える方もいるかもしれない。

だが管理人からすれば、そんな事は一切無い。

もちろん売却の意志の無いユーザーさんが査定するのは完全にマナー違反といえるが、売却の意志があるユーザーさんなら売却しようがしまいが店舗としてはウエルカムというものだ。

その部分が心配であれば、どちらかのバイク買取店の公式サイトをよくご覧になってもらいたい。どの店舗でも気軽に出張査定に申込んで下さい♪といったうたい文句があるかと思う。

よく考えてもらいたい。

バイク買取店や中型バイク販売店にとって、売却するか迷っているユーザーさんは、店舗にとって大切な見込み客なのだ。数%でも買取できるチャンスがあれば、喜んで査定に対応するのはどこも同じはずだろう。

売却するかどうか…査定してから判断するなら

売却するか迷っているユーザーさんの中にも、「基本的に乗り続けるつもりだが、もし条件が合えば今後、売却も考えている」という方もいれば、「もし高額で査定されたら、そのまますぐに売却してしまいたい」といったユーザーさんもいるだろう。

どちらも愛車の売却を迷っているが、両者では売却に対する本気度がまったく違うのだ。

売却の可能性が低いユーザーさんにお勧めの方法

で、もし前者のような売却しない可能性が高いユーザーさんなら、管理人としてはレッドバロンやソックスのような大手の全国展開されてる中型バイク販売店に持ち込んでみることをお勧めしたい。

この手の大手中古バイク販売店での持込査定の場合、査定するメカニックや査定担当の本気度がそれほど高くないケースが多い。

そもそも買取よりも新しいバイクを販売することで利益を追求しているのだ。新しいバイクを購入されるお客様がスムーズに買い換えを検討してくれるためのサービスの一貫なのである。

もし査定額に納得できなければ、また出直します…と店舗をあとにすればいいのだ。

売却の可能性の高いユーザーさんにお勧めの査定申込み先

一方、後者のような「できれば売却したい」といったユーザーさんには上記の持込査定はお勧めしない。

理由はこちらの記事、でも説明しているが、そもそもの査定に対する本気度が低いからである。

売却を前提とした査定に臨むなら、ネットやスマホから申込むバイク買取の専門店を利用してもらいたい。

基本的に実店舗で在庫して販売する…といった中古バイク販売店のようなリスクを負わず、買取後に速やかに業者オークションに転売することで利益をだすのが買取専門店のやり方。

よって店舗の客層と合わないから査定が安い…とか不人気車で売れ残る可能性が高いから安く…といった変な心配をしなくて済む。

単純にもっとも高額で売却できそうな業者オークションに出品するだけなのだ。なので業者オークションの取引相場が基準になってくる。

大半の車種に関しては、バイク買取店の査定額の方が安定して高額だともいわれている。この部分は査定スタッフの本気度も大きく影響しているのだろう。

持込査定の場合、見込み客が売却をやめても一切のマイナスは無い。だが出張査定のバイク買取店の場合、査定スタッフがトラックで足を運んで査定するため、人件費や燃料費も持ち出しの状況といえる。

他社の査定額に多少の上乗せしてでも自社で買取して持ち帰りたい…というのが査定スタッフの本音といえる。

かといって、査定額に納得できない場合も断ることができない…というわけでもない。基本的にどのバイク買取店も買取成立でも不成立でも出張査定費用はかからない。

素直に査定額に納得できない主旨を伝えれば、頑張って上乗せするか諦めるかしか選択肢は無い。その部分は心配不要かと思う。

どの店舗で査定すれば高額になりやすいのか?

ユーザーさんとしては「売却を前提とした場合、バイク買取店なのは分かった。ではどの店舗がいいのか?」といった疑問が生まれるかもしれない。

だが残念ながら20台近くの愛車を売却してきた管理人も一社に絞ることはできない…というのが現状といえるだろう。ある程度は数社に絞ることはできるが、一社に絞るのは不可能かもしれない。

というのも車種やジャンル、愛車の状態、走行距離によっても最高額の店舗は違ってくる。もちろん当日の査定スタッフの意気込みによっても変動する可能性も大きい。

また、査定交渉の話の流れで予想以上に高額を頂けるケースもままある。やはり査定前に絞り込むのはリスクが多いといえるだろう。

そもそも出張査定はどこも無料なのだ。査定前に悩むよりも査定額を聞いてからじっくりと悩めばいいだけの話なのだ。