バイク売却先の選び方!持込査定と出張査定のメリット・デメリット

売却先に持ち込む訳あって大事な愛車を手放すことになった…。

過去に20台近くのバイクを乗り継いできた管理人の管理人にとっては頻繁にあるシチュエーションだが、一般的なオーナーさんには一大イベントといえるだろう。

大切な愛車のためにも、もっとも愛車を高く評価してくれる売却先を探し、高額で売却してもらいたい。

そこで大部分のオーナーさんが最初に頭を悩ますことといえば「愛車の売却先選び」である。

ひと昔前のバイク売却ならば、近所の大型中古バイク販売店や地元のバイク屋さんに持ち込んで、言われれるままに買取られていたが、今はよくも悪くもそんな時代ではない。

現代はかつて無いほどバイク売却先の選択肢が豊富な時代なのだ…せっかくのチャンスと捉え、少しでも高額で買取ってもらえる売却先をみつけて高く売却しておきたい。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

売却先選びの前に売却方法を比較する

バイク持込査定当サイトを訪れてくれるユーザーさんの多くは、何らかのカタチで愛車を売却しようと悩んでいる方が大半かと思うが、売却にあたって最初に決めておきたい部分といえば売却方法といえる。

細かい方法を挙げだしたらキリがないのでこの場では控えておくが売却方法はそう複雑なものではない。

バイク売却方法の三本柱は「バイク買取店の出張査定」、「中古バイク販売店での持込査定」、「ヤフオク等のネットオークション」といえるだろう。

言うまでもないが、どの方法にもメリット・デメリットはあるので「どれが一番なのか…」といった安易な質問は控えてもらいたい。

自分のバイクのジャンルや車種、想定できる売却金額、ネット上の作業の得手不得手、売却にかける手間や時間…といった部分を挙げて自問自答してもらえば、自分にぴったりの売却方法が自ずとみえてくるはずだ。

ちなみにヤフオクで過去に何台も売買してきた管理人だが、ここ数年のバイク落札状況をみる限りは高沸するケースが減って相場以下での落札という流れが加速しているようだ。

購入側はまだしも、売却側にとって旨味のあるケースは減ったことだけはお伝えしておきたい。

通常の車種やジャンルの場合、バイク買取店か中古バイク販売店のどちらか…というのが現実的な選択肢といえるだろう。

中古バイク販売店にバイクを売る…という選択肢

バイク買取店ダイレクトショップでは中古バイク販売店に持ち込んでバイクを売る…という選択肢について突っ込んで考えてみたい。

ひと昔前まではバイク売却の中心的な売却方法だっただけに、この方法については説明不要…といった気もするが他の売却方法との比較も含めて考えてみよう。

まずメリットといえる部分は「予約や事前連絡無しで気楽に持ち込める」という部分といえる。

例えば、次に欲しいバイクを物色するためにバイク販売店に伺った際に、ついでに査定してもらう…なんて気楽に臨めるわけである。

改めて予約したり査定申込みなど不要だ。

また、持ち込んだ車両を査定してもらう仕組み上、納得できない場合は比較的かんたんにお断りしやすいのもメリットのひとつといえる。

そもそも査定するユーザーさんの本気度も低いのだ。店舗としても買取が成立しない事も想定済みである。

バイクの持込査定のデメリット

一方、デメリットといえば査定額が安くなりやすい点である。

ユーザーさんが自分から持ち込んでくれた車両の査定…つまり中古バイク販売店としては買取が成立しても成立しなくても痛手にはならないのだ。むしろこちらの言い値で買取が成立すればラッキー…という感じかもしれない。

特例として、その店舗で新しい車両を購入する場合…つまり他のバイク購入を前提年とした下取りの場合は別である。他の売却方法よりも高額になりやすい状況は間違いない。

だが新しいバイクの値引き分を下取りに上乗せしているケースも少なくない。購入と下取りがごちゃ混ぜに計算される場合もあるので線引がしっかりとしておきたいものだ。

バイク買取店の出張査定からの買取…という選択肢

売却先比較ここ数年、確実に勢力を伸ばし続けているのがこちら、大手のバイク買取専門店による出張査定経由でのバイク買取である。

何と言っても最大の魅力は「査定額が高くなりやすい」部分ではないだろうか。

この「査定額が高くなりやすい」理由に関しては諸説あるが、もっとも大きな理由としては管理人は以下の2つの理由を感じている。

ひとつは競合他社が数多く登場し、良い意味で価格破壊が進行したことだ。

バイク買取業界の仕組み上、一社だけで査定しても高額になりづらいものだ。やはり買取成立できるかどうか…といった部分に緊張感が無くては高額にならない。

その意味でもライバル関係の競合他社が充実したことは大きい。

とくに大手のバイク買取店同士は、「トップを独走するバイク王に追いつけ追い越せ」と買取実績を伸ばすことに躍起になっている。

その辺りの買取店の心理を利用することで予想以上の査定額になる場合も少なくない。

具体的にはバイクランド、バイクワン、バイクボーイ、バイクブーン…といったバイク買取店が下克上を狙っている状況だ。

せっかくのユーザーさんとしてはこの辺りのバイク買取店を有効に活用して売却しておきたい。

そもそも中古バイク販売店よりも本気度が高い

事故のバイクを引き下げ中古バイク販売店の持込査定にくらべ、バイク買取店の出張査定が高額になりやすい理由はここにもある。

というのもバイク買取店の出張査定は赤字からのスタートなのだ。

そもそも持込査定と違い、査定スタッフやメカニックが数時間~半日の時間を費やして足を運んでくれる出張査定はすでに人件費やトラックの燃料費等、赤字覚悟といえる。

つまり買取が不成立となれば赤字確定…それだけ買取に対する本気度も違うのだ。

過去に数年間、バイク買取業界での経験もある管理人としても、その部分の気持ちは痛いほどわかる。

買取不成立となった場合の足取りは非常に重く、仕事的にも精神的にもこたえるのは間違いない。それだけに利益を限界まで削ってでも買取を成立させたい…というのが本音なのだ。

上記の2つの理由からも、中古バイク販売店の持込査定よりバイク買取店の出張査定の方が高くなりやすいという部分はご理解いただけるかと思う。

あっもちろん、確実に高額になる保証などない。

こちらの準備次第では高額になりやすい…という意味なので誤解しないでもらいたい。あくまで高額になる可能性を秘めているという意味ではバイク買取店が一歩どころか2歩、3歩リードしているだろう。

売却先選びのカギを握る、比較検討すべきバイク買取専門店

買取本部上述したが、やはりバイク売却先選びのカギを握っているのは「申込むバイク買取店のピックアップ」といえる。

当サイトを訪れるような賢いユーザーさんにはいないだろうが、稀にこの部分を勘違いしているユーザーさんもいるようなので、蛇足ながら説明しておきたい。

まずは複数で査定するのが鉄則だが、「絶対に競合している売却先から選ぶ」ことである。

とりあえず数多くの無料査定を行えば高額査定になる…と勘違いしている場合は、その考えは今すぐに捨て去ってもらいたい。

大事なのは「数」ではない。売却先の「質」と売却先同士の「バランス」なのだ。

管理人も過去には、この部分を軽視して数多くの売却先で無料査定を行なったが、思いの外安く買取られてしまった経験もある。やはり売却先が査定額を上乗せせざるを得ない状況を作り出す…といった意味でバランスも重要なのだ。

競合している売却先が競うことで高額査定に!

高額査定仮に大手の売却先で提示された査定額に対し、小さな地域密着型のバイク買取店では対抗して上乗せしようと考えるだろうか?

逆に小さな地域密着型のバイク買取店でもらった査定額に対し、大手のバイク買取店が対抗心が芽生えるだろうか?

言うまでもないが、やはり競合している同レベル(もしくは近いレベル)でこそ、対抗して査定額を上乗せするのである。

そこで具体的な売却先選びとなるが、もし自分でバイク買取店のチョイスができる方は、自分の感覚にしたがって競合している複数店舗をピックアップしてもらいたい。(ネットの口コミや評判はアテにならないので利用しないように!

だがライバル関係のバイク買取店がピンと来ない場合は、勝手な先入観で判断せずに、管理人が毎度申込んでいる定番のバイク買取店から選んでみるのも悪くない。

どこも買取実績を競い合っているライバル買取店である。複数の店舗で申込んで比較することで予想以上に高額になる可能性も大いにあるはずだ。