バイク売却の時期におすすめはあるのか?

バイク売る時期愛車を売却するなら少しでも高く売却したい・・・そう考えるのは普通のことだし、誰でも考えることだと思う。

そこで少しでも高額に査定されやすい時期やタイミングに行動しようと考える方もいるだろう。

というのも、ネットに溢れるバイク買取関連の情報サイトとみると「バイク売却には時期やタイミングが非常に大切」といった事が平然と書かれている場合もあるので正直、仕方がないかもしれない。

そういった情報サイトには「春~夏のバイクの売れるシーズンが高額査定されやすい・・・」と書かれている場合が多く、それを真に受けて実践する方も少なくないのではないだろうか。

まぁこういった無責任な情報をアップするのは構わないが、実際の買取の現状を知らずに、愛車をわざわざ売却時期まで保管しているオーナーさんの事を考えると、管理人としては複雑な気持ちとなる。

というのも、結果からいってしまえばバイク売却の時期に良い時期も悪い時期も無い・・・つまりどのタイミングで売却しても査定額に大きな差なんて無いものだから、である

理由は以下でじっくり説明するが、もし高額査定のための売却時期やタイミングを待っているなら、以下の安定して高額で査定されやすい買取店をチェックして早急に申し込んだ方が良いのは言うまでもない。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイク売却にベストな時期・・・それを待つことで安くなるリスクも上がる!

たしかに春から夏にかけてのバイクの売れるシーズン、バイクの査定額が高くなるという意見はまったく間違っているワケではない。

実際にバイク販売店によっては、人気のバイクの在庫が薄くなり、多少高めの査定額でも買取しておきたい・・・という気持ちもあるかもしれない。そういった部分では、春から夏にバイク査定額が上がるのは事実ともいえる。

しかし中古バイクの取引相場というもの、現実にはそんな単純なものではない。

季節的な要因でそんなに簡単に取引相場が上下するほど、シンプルなものではない。それは管理人もバイク買取業界で働いた経験から感覚的に学んできた。

バイクを売却すべきタイミングよりも大事な需要と供給の関係

管理人からすれば、季節的要因なんかよりも需要と供給のバランスの方がよほど査定額を左右するかと思う。

つまり業者オークションのニーズに対して、特定の車種が不足していれば、需要と供給の関係で取引相場は上がるものだし、反対に業者オークションで在庫がダブついていれば取引相場は安くなる。

つまり春だろうが夏だろうが、同じような車両が業者オークションでダブついていれば、取引相場や査定額も安くなるし、業者オークションでタマ数が不足していれば自然と査定額もアップする。

最近ではネット上の情報を信じて春から夏に売却するオーナーさんが増えたせいか、意外なことに秋~冬よりも売却されるバイクが多いのか、中古市場でもバイクが過剰なケースもあるという。

つまり需要と供給の関係からすれば、そういったタイミングは売却しても高額になりにくい時期といえる。もちろん季節的要因がゼロというわけでは無いが、それだけを信じて行動してしまうと、思わぬ落とし穴があるということも知っておいてほしい。

もし売却にベストな季節、時期、タイミングがあるならば

さてここまでの話で、バイクの査定額は季節や時期だけで決まるものではない事、それ以上に中古バイク市場の需要と供給が関係している事は知ってもらえたと思う。

では実際にどういったタイミングで愛車を売却するのがベストなのか?

残念ながら100%高額に査定されるタイミングというものは存在しないだろう。やはり市場の需要や流通量、流行や人気といった部分が複合的に絡み合っているので、予想しようにも予想できない部分も多い。

とはいえ管理人としては「売却を決めたら最短で売却してしまうのがベストなタイミング」だと考えている。

少しでも早く売り抜くことでバイクの状態悪化を防ぐ

というのもバイクの査定額を算出する場合、年式という部分や現行か型落ちか、という部分もある。つまり古くなれば安く、現行よりも型落ちになることで安くなるわけである。

またバイクの状態にしても同じ。鉄部やアルミ部分の腐食や樹脂部分の劣化は減額につながる。どんなに保管状態に注意しても経年劣化は止めることができない。

つまり今日より明日、今週よりも来週の方がバイクの状態は悪くなるし査定額も下がるとうことだ。

ならば1日でも早く査定を受けてしまった方が高額査定の可能性は高い・・・という非常にシンプルな考えだが、保管中に状態の悪化したバイクや型落ちになったバイクを何度も査定た管理人だからこそ、この部分は伝えておきたい。

どうしてもネット上の情報を集めだすと、口コミや評判といった情報収集が中心となるためか、勢いで行動できなくなるもの。時には勢いにまかせてガンガン売却先にアプローチする行動力も大切だということかもしれない。