バイク売却の必要書類と書類がない場合の対処

必要書類バイクを売却する理由も人それぞれだろうが、売却にかける時間や手間も人それぞれだといえる。

時間の有り余っている学生さんであれば、たっぷりと時間をかけて、少しでも高額な売却先をみつけるのも良いかと思う。

中には毎日の仕事に忙殺されて、バイクを売却したいのだが、それどころではない・・・なんて方も多いかもしれない。

どちらかにしても、愛車を売却するには多少の下準備や予備知識といったものが必須なのは、当サイトでは何度も解説してきた。

そこで管理人としては、バイク売却に必要な書類関係を揃える時間も無いという方には、まずは以下のようなバイク買取店の出張査定を試すことをお勧めしたい。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

一切、書類の心配のない大手のバイク買取専門店の買取

大手のバイク買取の専門店の場合、基本的には特別に用意する書類も無い上に、最悪、車検証や登録書類が見つからなくとも、上手に解決してくれるケースが多い(もちろん書類も紛失、譲渡証明書や委任状も無いバイクは買取不可ではあるが・・・)。

基本的にどの買取店でも本人を証明する免許証や保険証は必要不可欠であるが、登録書類や印鑑、納税証明書等は用意できなくとも買取りに支障はないので安心してもらいたい。

とはいえ、書類が揃わないことが理由で、買取代金が当日支払われないケースもあるため、用意できる書類は可能な限り用意し、どうしても見つからない場合のみ、バイク買取店の査定担当者に相談するというスタンスが良いかと思う。

査定交渉の場では、少しでもこちらのマイナス要素は減らしておくのが高額査定のポイントだと考えた場合、書類の不備は査定額を決定する上で非常に不利な状態と言えなくもない。

大手の売却先では考えにくいが、中小のバイク買取店や販売店の場合、そういった書類の不備をいいことに徹底的に足元をみてくる業者もいるといわれているだけに、可能なかぎり必要書類は用意しておきたい。

バイク買取店の公式サイトで確認してもらえば一発だと思うが、基本的に免許証や保険証、車検証や登録書類、できれば印鑑、他人のバイクの場合だれば委任状、そして他人から譲渡されたバイクで名義変更されていないバイクであれば譲渡証明書が必要となる。

バイク売却の必要書類が無い場合、最悪は買取不可もある

基本的に本人確認書類があれば、ほとんどの場合は買取可能状態だが、中にはどうしても買取不可となる場合もあるので注意してもらいたい。

代表的なパターンとしては、他人名義のバイクかつ、委任状や譲渡証明書も無し、さらに所有者と連絡がつかない場合がそれにあたる。

そうそう無いパターンだとは思うが、バイク買取店や中古バイク販売店からすると、所有者とも連絡がとれない状態で書類も無い場合は他人のバイクを勝手に買取しているようなもの。

残念ながら、こういったパターンは後々トラブルになるケースも多く、どの店舗でも買取不可だと考えておいて欲しい。できれば所有者に連絡し、委任状や譲渡証明書に一筆もらい、念のため所有者の免許証のコピーも一部用意しておきたい。

参考までに、もし委任状や譲渡証明書の用紙が必要であればネット上で配布しているサイトもあるので、こちらからダウンロード、プリントアウトして用意すれば間違いないかと思う。

バイク売却の必要書類が揃わない場合、フレーム以外の買取という可能性もある

他人から譲渡されたバイクの場合、状況によってはどうしても書類を用意できず、本人とも連絡がとれないケースもあるかと思う。

だが安心してもらいたい。

個人売買と違い、バイク買取店や中古バイク販売店の査定スタッフは買取のプロ。毎日様々な状況のバイクを買取っているわけなので、何らかの買取できる方法を提案できるはずだ。

当時のナンバーから遡って書類を用意する場合もあれば、どうにもならない場合はフレーム以外のパーツ類を査定し、買い取るといった荒業もあるので心配はいらない。

もちろん、書類が揃っている場合にくらべ買取金額が低くなるかもしれないが、書類が無いという理由だけで愛車の売却を諦めるのは、管理人からすれば非常にもったいない事だといえる。

どちらにせよ、出張査定の申込みを利用するのであれば、申し込み後に電話やメールで折り返しの連絡がくるわけだから、そのタイミングで書類関係の疑問点や不安な部分を相談してみるのが確実だろう。