バイク売却相場を知るために査定を受ける

売却相場を知る大切に乗ってきた愛車を希望の金額で売却できるかどうか。

この部分を大きく左右するのは他でもない「愛車の売却相場を事前に知っていたかどうか」というのが管理人の辿り着いた結論。

というのも買取側の人間からすれば、売却相場を知っているオーナーさんの場合、下手な金額を提示したことで気分を害して買取不成約という最悪な結末を避けるためにどうしても高額査定するほかないから…である。

一方、愛車の売却相場をまったく把握していないオーナーさんの場合。

残念ながら、売却相場を知らないオーナーさんの場合、通常の査定基準に沿った査定額は望めるだろうが、予想以上の査定額というのは期待できないと思って欲しい。

バイク買取店や中古バイク販売店もボランティアではない、利益を少し増やしたいのだから当たり前のことである。

そこで愛車の売却相場を査定前にリサーチしておく事が必須なのだが、結果からいってしまえば管理人としてはバイク買取店の出張査定をリサーチに利用してしまう方法が手っ取り早いかと思う。

もちろんバイク買取店の出張査定で予想以上の査定額を提示されたら、そのまま売却すれば良いだけの話。一切無料で査定に足を運んでくれるバイク買取店を利用しない手はない。

管理人としては、愛車の売却相場をリサーチする目的で考えるなら、以下のような安定して高額で査定するタイプのバイク買取店からランダムに2つ3つ選んで申し込めば良いかと思う。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

査定額の平均が売却相場という意味ではない

例えば上記のバイク買取店の中から3つの売却先に査定を申し込んだとする。

その場合、3店舗でそれぞれ査定額は違うだろうから、実際のところ本当の売却相場は幾らなのか?と考えるかもしれない。中には3店舗の査定額の平均の査定額が売却相場と考える方もいるかと思う。

しかし今後の売却先選びで損しないためにも、最高額で査定してもらえた売却先の査定額が「売却相場」程度に考えておいて欲しい。

そもそもバイク買取店は、全体的にレッドバロンのような中古バイク販売店よりも高額で査定するケースが多いのだが、決して赤字になるような査定額を提示することは無い。

つまり、最低限の必要経費や会社の利益を計算した上で算出された査定額なので、ぶっちゃけた話、どの買取店でも同レベルの査定額を提示することは本来無理な話ではないはず。

原因はいろいろだろうが、安い査定額になったのは査定スタッフの知識不足や企業としての努力が足りない事も考えられる。そういった意味でも、最も高額だった査定額が愛車の本来の売却相場に近いと考えても構わないかと思う。

その後に中古バイク販売店での持込査定、ネットオークションに出品という方もいるかもしれないが、そうやってリサーチした愛車の売却相場をしっかりと把握し、売却する時の最低ラインとして活用してもらいたい。

査定額と売却相場の違いとは?

中にはバイクの査定額と売却相場を混同している方も少なくないので、その部分について少し解説したいと思う。

まず愛車の査定額というもの、これは車種や年式、走行距離、そして中古バイクオークション相場などを加味して算出されるもの。

もちろん新車同然の極上車であれば、それがそのまま査定額や買取金額と考えてもらっても構わない。

とはいえ、現実には走行による痛みや劣化、傷やダメージといった減額ポイントもあるわけなので、その部分を判断するために現車を確認して査定基準に沿って査定が行われる。

つまり同年式の同車種でも、バイクの状態によって査定額は大きく差があるということ。

そこで売却相場という概念が必要となってくる。

一般的な中古バイクの状態であれば、この程度の金額で取引されるであろう…というざっくりとした取引相場と言い換えることもできるかと思う。
例えば同年式のドラッグスターが数台あった場合、もしかしたら15万円で査定されるドラッグスターもあれば、40万円で査定される極上のドラッグスターもあるかと思う。状態や調子によって査定額は倍以上に違うケースも普通にあるだろう。

つまり車種や年式だけでは査定額を決めることは難しいわけで、上記の場合を考えたら、この年式のドラッグスターであれば売却相場は約15~40万円くらい…と考えても良いかと思う。

中古バイク販売店の査定相場はどうやって決まるのか?

さて、愛車の売却相場をリサーチする方法、そして売却相場の活用法を知ってもらえたところで、そもそも売却相場がどのように決定されるのか?という部分も簡単に説明しておきたい。

売却先によって売却相場が違うように、売却相場の決定方法も様々だということを覚えておいて欲しい。

まず中古バイク販売店に売却する場合の売却相場を想像してもらいたい。

中古バイク販売店や街のバイク屋さんの場合、買取したバイクを点検・修理し、最後には店頭に並べて売却するかと思う。

つまり、業者オークションや中間業者のマージンは一切かかっていない。

おまけにエンドユーザーに直接売却できるメリットを考えれば、売却相場も高いと考えるのが普通だと思う。

しかし現実としては、実店舗の必要経費や長期間にわたって買い手が見つからない場合のリスク、店舗の人件費を捻出する必要もあるために、思ったような売却相場だといえないのが正直なところ。

つまり店頭販売価格から、上記の費用を差し引いた金額が、中古バイク販売店の売却相場だといえる。

もちろん定番車種や話題の人気車種といった、確実に短期間で買い手が見つかるであろう車両の場合、バイク買取店の売却相場より高額なケースもあることは忘れないで欲しい。

バイク買取店での売却相場はどのように決定されるのか

次にバイク買取店での売却相場はどのように決定されるのか?この部分も考えてみたい。

こちらは非常にシンプルで明快かもしれない。

そもそもバイク買取店の多くは実店舗を構えず、買取りしたバイクを最短で業者オークションに出品するケースがほとんど。

つまり業者オークションでの取引相場からバイク買取店の利益や買取の必要経費を差し引いたのが売却相場といえるだろう。

上述したような中古バイク販売店のようなエンドユーザーに売却する場合と違い、業者価格での販売となるが、何よりも最短で確実に売却できるというメリットがある。
つまり不良在庫という心配が不要。なので販売スペースや保管する倉庫等の心配なく、ガンガン買取ができるメリットがある。

ここ数年ではバイク買取店の査定額の方が中古バイク販売店よりも高い傾向がある・・・ともいわれているが、管理人の経験からすると、そう決めつけるのは早計かとも思う。

車種や状態によっては、未だにレッドバロンやソックスの方が遥かに高額査定のケースも少なくない。先入観でどちらかに決めつけず、どちらも視野にいれて状況によって売却先を選ぶという柔軟な姿勢も大事だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする