バイクを高く買取るお店はどこなのか?小池の売却先考察

バイク買い替えを決めた!使用目的がどうであれ、自動車にくらべて買い替えのスパンが短いことがバイクの特徴といえる。

機能重視というよりも、バイクの場合は走りそのものを楽しむユーザーが多いことも、その理由のひとつだと感じている。

そんな買い替えの頻度の高いバイクだけに、オーナーさんとしては少しでも高く手放したいと思う気持ちも自然な流れだといえるだろう。

それは当サイトに訪れるユーザーさんの多くが「バイク売る 高額」「バイク買取 高い店舗」といった検索ワードを経由して来られる事からも一目瞭然である。

当サイトとしては、そういった答え探しモードの検索ユーザーさんに少しでも有益な情報を提案できるよう、気を引き締めて執筆していくつもりである。

以下に管理人の実体験をもとに導き出した「もっとも高く買取るお店」をまとめたつもりだが、バイク売却に迫られて時間の無い方は、とりあえず以下の店舗から選んでもらいたい。まず失敗は無いかと思う。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

ぶっちゃけバイクを高く買取る店舗はどこなのか?

バイク王公式さて、まずはバイク売却先を考えてみよう。

売却経験の少ないユーザーさんともなれば、まず最初にバイク買取店ならばバイク王、中古バイク販売店ならばレッドバロン辺りを思い浮かべるはずだ。

一方、それなりにバイク売却経験のあるユーザーさんであれば、バイクランドやバイクワン、バイクボーイにバイクブーンといった店舗が候補として挙がるかもしれない。

ここまで思い浮かべる事ができれば、バイク売却の中級レベルといえる。

実際にレッドバロンをはじめとしたバイク販売店に持ち込むことを考えたら、上記のバイク買取店で出張査定をした方が高額に発展するケースが大半である。選択肢としては間違っていない。

だがバイクを確実に相場以上の金額で売却したければ、単純に上記のバイク買取店で査定を受けるだけでは到底無理な話だ。それほどバイク売却は甘いものではない。

自分の愛車のジャンルや状態を踏まえた上で、確実に高額になりやすい店舗をピックアップし、上手に複数の店舗での査定を繰り返す事が必要不可欠となってくるのだ。

言い換えるなら、「どこが高く買取る店舗」という発想から「どうやって組み合わせれば最高の査定額を引き出せるのか?」という発想にシフトさせることがポイントとなってくる。

たしかに高額査定と評判の店舗で査定をすれば、それなりの高額査定をゲットできる可能性は高い。だが単一の店舗でゲットできる査定額など、所詮は相場以下、良くても相場程度なはず…。

結局のところ、複数の店舗を上手に組み合わせ、上手に比較検討しなければ理想の査定額までは到達しない…というのが管理人の経験則である。

愛車をもっとも高く買取る店舗はもっとも高く販売できる店舗でもある

売却先比較ではバイクをもっとも高く買取る店舗は、具体的にどういった店舗なのだろうか?

見方を変えれば高額査定の店舗も変わる…まあこの部分には諸説あるかと思うが、管理人の売却経験からいえることは「買取った愛車をもっとも高く再販できる店舗」というのがひとつの結論だ。

高く販売できる自信があるから高く査定できる…じつに単純な理論だ。

少なくともバイク買取業界の頃もそう感じていたし、ひとりのユーザーといえる現在でも同じ考えだ。バイク買取の本質には間違いない。

そう考えた場合、多くのバイク買取店がそうであるように「業者オークションに出品するだけ」という店舗では限界がある。結局は業者オークション取引相場ベースの査定額でおしまいだからだ。

大手のバイク買取店のように直営店舗やカスタムパーツ専門店、車両の状態によっては海外輸出といった販売ルートを確保している店舗の方が確実に高額になりやすいのは言うまでもないはず。

もし売却先選びに余裕があれば、そういった売却先の販売ルートを調べてみるのも悪くないだろう。各店舗の公式サイトには、買取したバイクの流通ルート等にも記載しているケースもある、よく確認してもらいたい。

バイクを高く買取ってもらうには売却側の準備も不可欠

売却前のメンテナンスここまでバイクを少しでも高く買取ってもらう相手について考えてきたが、ここからは売却側の準備について考えてみよう。

愛車を少しでも高く買取ってもらいたいならば、まずは現車確認での減額ポイントを最小限におさえておきたい。

基本的にバイクの査定額の決定方法は減点方式といえる。車種や年式、走行距離や市場での人気といった部分から暫定的な査定額が決まる。

後は現車確認において、傷やダメージ、エンジンの調子や外装の劣化といった部分をひとつずつ減点して最終的な査定額が算出される。

時間の有無にかかわらず、最低限の洗車や傷のタッチアップ、余裕があればワックスがけ程度は行った段階で査定臨みたい。

もちろん査定の現場でエンジンが一発始動できるかも査定額に大きな影響を与える。致命的な故障なら仕方ないが、バッテリー上がりやスパークプラグの不良あたりならば事前に改善しておくことがベターだろう。