ローン返済中のバイクを売る前に知っておきたいポイント

ローン中のバイクバイクの売却に慣れていない方の場合、査定額や売却方法、代金の支払い方法…といった不安や疑問も多々あるかと思う。

中には愛車がローン返済中の場合でも普通に買取してもらえるのか?と不安な方もいるのではないだろうか。

本来はローンを完済してから愛車を売却した方が、スッキリするだろうし手続きも楽なのは間違いない。

しかし状況が変わって、すぐに処分しなければならない人や、どうしても新しいバイクが欲しくなったため、ローン中なのは承知で売却したいなんて人もいるはずである。

だが安心してもらいたい。

結果からいってしまえば、どれだけローン残高があろうが普通に買取してもらえる。ローン返済中だからといって査定がめちゃくちゃ安くなるなんて事は絶対に無いから迷わず売却してもらいたい。

ただし個人売買やネットオークションでの売却となると、相手は一般のユーザーさんがほとんど。状況によっては所有権解除や完済証明書等の書類や手続きも必要になってくるだろうから、お勧めできない。

どんな状況でも柔軟に対応してもらえる、以下のような有名バイク買取店を利用しておいた方が安心なのは言うまでもないだろう。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

ローン返済中のバイクを売る場合、所有者を確認する

上述したように、バイク買取店や中古バイク販売店が相手であれば、ローン返済中のバイクであろうが通常どおりに買取はしてもらえる。まずは安心してほしい。

ただしひとつだけ注意してもらいたい部分もある。それが愛車の所有権の有無について。

ローン返済中のバイクの場合、バイクの所有権があなた自身のケースもあれば、バイクの販売店やローン会社のケースもあるので、まずはその部分を確認しておきたい。

愛車の車検証や登録書類にある所有者の欄が自分の名義になっている場合、ローン返済中だろうがまったく心配は要らない、つまり自分のバイクなのだからどこに売却しても構わないということ。

逆に購入したバイク販売店やローン会社の名義となっていた場合、売却するためには所有者の解除が必要となる。

実際にはあなたのバイクだろうとも、法律上そのバイクはバイク販売店やローン会社の所有物である。変な話、ローンが完済されるまでは、あなたは借りて使用している状態ということである。

そこで売却のためには所有権を解除し、自分に所有権を移す作業が必要となる。

つまり何らかの方法でローンを完済しなければならない。ローンが完済されることで購入店舗やローン会社から完済証明書というローンが終了した書類がもらえるはずだ。

所有権を自分に移すためにはこの完済証明書は不可欠。そういった意味では、所有権の自分名義でない場合の売却において、最初に考えるべき事は、ローンの残債を一括で返済できる方法を考えることかもしれない。

ローン返済中のバイクで残債を払う余裕が無い場合

ここまでの説明で、ローン返済中のバイクで所有権の無い場合の売却手順はわかってもらえたかと思う。

とはいえ、手持ちの現金や貯蓄に余裕のある方もいえれば、どう考えてもローンの残債を一括で完済する余裕の無い方もいるかもしれない。

ではそんな方はローン返済中のバイクを売却できないのか?というと、売却先によっては柔軟に対応してもらえるケースもあるので安心してもらいたい。(この辺りの対応は各バイク買取店の規定によって異なるために要確認といえるが)

代表的な方法としては、とりあえず愛車のフレーム以外の部分を査定~買取することでローンを完済させてしまうという方法。

そもそも所有権というものは、車体番号の刻印のあるバイクのフレームにある。つまりフレーム以外の部分を暫定的に査定し買取ってしまうことも可能といえば可能なこと。

まずはフレーム以外の買取金額によりローンを完済し、晴れて所有権が移されてから車両全体を再度買い取るという方法も用意している売却先もある。

一括でローンを完済する余裕の無い方にとって、非常に心強いサービスかもしれない。

売却するバイクの買取額がローンの残債よりも安い場合

愛車の最終的な買取金額がローンの残債よりも高い場合、その支払われた代金で残りのローンを精算することが可能であるが、中にはローンの残債の方が大きい…という場合も普通にあるだろう。

そんな場合も、本来は差額を一括で支払うことができればベストだろうが、そんな余裕の無いケースもあるかもしれない。

もしローンの残債が売却金額よりも大きい場合、個人売買ではどうにもならないが、バイク買取店や中古バイク販売店であれば通常はフォロークレジットというサービスを用意しているのでその点は心配は要らない。

フォロークレジットとはこういった買取による差額のためのローンの組み換えサービスのことで、基本的にどのバイク買取店でも提携ローン会社が用意されている。

もちろん非常に便利なサービスだといえるが、一方でこれまでのローン会社よりも利息が高くなる可能性も少なからずある。もしフォロークレジットを利用する場合、これまでのローン会社での金利とフォロークレジットでの金利をしっかりと比較し、利用する価値があるかどうか冷静に判断してもらいたい。