バイク王の査定は安いのか?売却先としてのバイク王のおすすめ度は…

バイク王公式「バイクを売るならバイク王」というキャッチフレーズとともに、バイク買取業界を牽引してきた最大手のバイク王。(※現在はバイクのことならバイク王と変更されたようです)

実際にバイク王の査定額や査定スタイルについては、ネット上の口コミや評判を探した方ならご存知の方も多いかもしれない。

そう、査定に申込むのを躊躇ってしまうほど悪い評判や厳しい評価が多い…のである。

当サイトを訪れた鋭いユーザーさんなら、その辺りの口コミや評判については説明不要かと思うので、ここでは割愛させていただく。

まあ口コミや評判はどうであれ、問題は「現実としてバイク王の買取は評判通りなのか?」という部分がもっとも気になる方も多いだずだ。

当サイトに訪れるユーザーさんの中にも「バイク王の査定 高いのか」「査定相場 バイク王」といったバイク王がらみの検索ワード経由の方も多い。そこで今回はその辺りをまとめてみたいと思う。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

ぶっちゃけバイク王の査定額は安いのか?

高額査定上記の検索ワードを経由されたオーナーさんが、もっとも知りたい部分かと思うので最初にハッキリお伝えしたい。

「まったくそんな事実は無い…」

というのが管理人の幾度となくバイク王を利用してきた率直な感想だ。

これはあくまで管理人の経験をベースに辿り着いた結論といえるが、過去に20台近くのバイクを売却してきたデータから導かれた結論なので、そう大きくズレてはいないだろう。

…おそらくネット上に口コミや評判を投稿しているユーザーさんの意見よりは遥かにアテになるはずだ。

とはいえ「火のないところに煙は立たたぬ…」といわれる通り、ネット上に溢れるバイク王の口コミや評判もすべてが嘘ではない…とも管理人は考えている。

バイク売却の鉄則とよばれる「複数店舗の比較」という部分をを無視し、大した準備もせずバイク王で査定した結果、当然の流れとして査定額が安くなった方の投稿…なのではないだろうか。

そのほんの一部のリアルな口コミや評判が、長い時間をかけて一人歩きした結果、ああいった悪い口コミや厳しい評価につながっただけのことだ。

バイク売却の査定額を決定する大きな要素

バイク持込査定ところでバイク王云々…という前に、バイク売却の査定額がどのように決定されるか?という部分はご存知だろうか?

その部分について簡単に説明しておきたい。

ネット上にも諸説あるかと思うが、以下のように管理人は考えている。

一般的な情報では「車種」や「状態」、「年式」、「走行距離」によって算出されるといわれているが、それはあくまでも表向きの話である。

つまるところ、買取りした車両を販売する「業者オークション取引相場」が大部分を占めているのだ。

バイク買取店や中古バイク販売店のスタッフといえども、あらゆるジャンルのバイク、あらゆるタイプのバイクの査定相場を知っているわけではない。

結局は買取したバイクを業者オークションに流すのであれば、業者オークション取引相場が査定額に与える影響が大きいのは当然のことといえば当然である。

つまり業者オークション取引相場から自社の諸経費と利益を差し引いた金額が、最終的な査定額だと考えてもらって差し支えない。

売却先によって査定額が微妙に違うのは利益率や諸経費も違えば、販売ルートが違うケースもある。その程度の違いでなのだ。

バイク王にかぎらず一店舗だけの査定では安く査定される

売却の評判では上述したように、バイクの査定額は業者オークション取引相場だけで決定されるのか?

というと実はそれだけでもなかったりする。

もう1つの大きな要素を挙げるとすれば「競合店舗との比較」というのが管理人の見解である。

たしかに業者オークション取引相場から算出される査定額の上限は重要な部分だ。だが利益を守るあまりに他店舗に買取られてしまえば元も子もない。

とくに販売店での持込査定と違い、最近の主流であるバイク買取店の出張査定の場合、わざわざ査定スタッフが引取り用トラックに乗って半日を潰して査定にくるのである。

仮に競合店舗の査定額に負けてしまい、残念ながら買取不成立となれば、その瞬間に赤字という結末だ。買取側としてはこれだけは避けたいのは容易に想像がつくだろう。

つまり裏を返せば、自社だけで競合店舗に申込んでいないオーナーさんは、無理に査定額を上げずとも買取成立になる可能性が高いといえる。結果として高額査定にはなりにくい…という流れである。

この部分に関してはバイク王だろうが他店舗だろうが同じだ。結局バイク査定というのは、競合店舗がいなければまず高額にならない。過去にさんざん失敗してきた管理人が断言しておく。

では何故バイク王の査定が安い…という口コミや評判だけが目立つのだろうか?

悪徳業者とはいえ、上にある見出しのような疑問をお持ちになるユーザーさんもいるかと思う。

たしかにネット上にはバイク王の査定が安い…といった口コミや評判は溢れているのはご存知の通りだ。

もちろん管理人も過去にはそういった疑問をもったことがある。

この部分にも諸説あるかと思うが管理人なりの解釈を述べておこう。

最大手だけに口コミが集中する

まず業界最大手という立場による部分が大きいかと思う。

バイク買取業界にかぎらず、業界最大手とよばれる企業ともなれば、自然と口コミや評判が増えるものだ。とくにバイク買取業界でのバイク王の買取実績は桁違いといえるほど突出している。

それにテレビやラジオ、雑誌にネットといった各メディアでの露出も突出しているバイク王は、何につけても他店舗より目立つのだ。

知名度が大きいということは誹謗中傷に近い意見や投稿も増えるのは最近のネット上の炎上騒ぎをみれば明らかかと思う。出る杭は打たれる…といった日本の悪い風習だ。

競合他店舗の関係者も書き込んでいるかも?

さらにもう1つだけ理由を挙げるとすれば、業界内部の人間による営業目的の口コミや評判も多いこと…と管理人は考えいているがどうだろうか?

ここ数年のスマホやタブレットの普及によって、バイク売却先をネット経由で検索し、売却先を選ぶユーザーさんが増えたことは否定出来ない事実である。

この部分を利用して、大手に申込む予定のユーザーさんを自社に呼びこもう…と考える競合店舗がいても何の不思議もない。

つまり特定の大手をこき下ろすような口コミや評判にはそういった業界内部の人間の意図的な投稿…という可能性もあるのだ。

もし売却先選びで口コミや評判を活用しようとお考えのユーザーさんは充分に注意してもらいたい。

結局はバイク王の査定はおすすめなのか?

業者間オークションというわけで、ここまで駆け足でバイク王の口コミや評判について解説してきた。

捉え方は人それぞれだろうが、単純にバイク売却先の候補としてバイク王はお勧めできる一社といえるのだろうか…訊かれた場合、管理人的にはYESだと考えている。

理由はいろいろあるが、まずバイク王の査定額は全バイク買取専門店の中でも断トツに精度が高い

買取実績が豊富なだけに、過去の買取データをもとに毎度的確な査定額を提示する印象がある。

つまり本当の愛車の査定相場にもっとも近いのがバイク王の査定額といえるのだ。

なので最初にバイク王で査定を行なうことで、後に控えた売却先の査定が高いのか安いのかを判断ができる。簡単な話、バイク王より高ければ最終候補、安ければお引き取り願えば良いということだ。

他店舗の査定スタッフに与える影響力が大きい!

また業界最大手というだけあって、バイク王も査定額は他店舗での査定交渉の材料となりやすい…のは管理人の経験上、間違いない。

微妙な知名度のバイク買取店の査定額では相手にしない業者もいるが、基本的にバイク王の査定額を「あ、そうですか…」とスルーするバイク買取店は一社も無い。まず間違いなく意識して上乗せできるならするだろう。

つまり競合店舗のいくつかで査定をするユーザーさんならば、バイク王に申込んでおいて損はしないだろう。

もちろん一般的な相場くらいで売却できればオッケー…といったユーザーさんならバイク王一社だけでも問題ない。平均的な査定額には達するかとは思う。

念のためバイク王を含め、まとめて申込んでおけば高額になりやすい店舗を以下に載せておくので目を通してから売却先選びを開始してもらいたい。