バイクを売る査定交渉で注意すべきポイント

交渉成立一部の希少車やマニアックな車両の売却であれば、ヤフオク等のネットオークションや個人売買といった選択肢も考えられなくもない。

だが一般的なバイクを高く売ろうと考えた場合、「バイク販売店の持込査定」「バイク買取店の出張査定」というのが定番といえる…というか他の選択肢はこの際無視してもらって構わない。

となれば、どちらにしても避けて通れないのが「査定交渉」である。

過去に20台近くの愛車を売却してきた管理人にとっては毎度のことだが、売却歴の浅いユーザーさんにとっては緊張するシチュエーションかもしれない。

もしかしたら査定交渉に何らかの不安や疑問さえある方もいるのではないだろうか?

そこで今回は「バイクの査定交渉の心構えと理想的な態度、注意点」をまとめてみたので参考にしてもらいたい。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

交渉が苦手、自信のない方は交渉せずとも高額な売却先を選ぶ!

ちなみに査定交渉や売却先との駆け引きに自信の無い…といった不器用なタイプのユーザーさんの場合、最初から査定交渉での駆け引きに関係なく査定額の高めの店舗で査定した方が良いかと思う。

以下の管理人の定番としている売却先なら、面倒な交渉せずとも安定して高額になりやすいはずだ。交渉よりも比較…確実に2つか3つの売却先で査定すれば間違いない。

そもそもバイク売却の査定では交渉テクニックが必要か?

査定を受けるバイクさて。

まず最初にユーザーさんのもっとも気になる部分、バイク売却における査定交渉について具体的に考えてみたい。

大前提として「愛車を少しでも高く売却するには交渉テクニックが必要なのか?」という部分が気になるかもしれないが、結果からいってしまえば、これといった大袈裟な交渉テクニックなど必要無い…というのが管理人の実感である。

普通に相場以上で査定してもらう程度なら交渉テクニックなど不要…むしろ変に付け焼刃的な交渉テクニックを身につけたところで、査定スタッフにマイナスのイメージを与えるだけだ。

むしろ査定交渉と気負わないで有りのままの車両の状態を申告し、少しでも高く査定してくれた売却先に手放す予定だ…と伝えるだけで十分に高額になるケースが多いと感じている。

もちろん、愛車の不利な情報だからといって不具合を隠したり、転倒歴や事故歴を隠すのは問題外である。

相手は毎日バイクを査定しているプロ中のプロ…十中八九バレるのは間違いないだろう。もしバレた場合は買取側と売却側の信頼関係も崩れ、本来の査定額より大幅に減額されるのも予想がつく。

逆にこちらから不具合や調子が悪い箇所を申告するくらいの気持ちの余裕が欲しいところだ。

バイク売却の交渉テクニックは不要だが、こちらの態度で査定額も上下する!

というわけで、わざわざ交渉テクニックなど持ち出さなくとも相場以上で売却することは充分に可能だ…ということは納得してもらえたかと思う。

とはいえ交渉テクニックと査定中の態度や言動は別物だ。

査定交渉中、オーナーさんのふとした態度や軽い一言によって売却予定のバイクが大きく値を下げるという可能性も大いにあるのだ。

過去に何度もその手の失敗をした管理人だけに、ユーザーさんに同様の失敗をしないよう気をつけてもらいたい。

そもそも、買取側にとって現車確認による査定の目的はバイクのチェックだけではない。同じようにオーナーさんのバイクに対する愛着や思い入れ、高く売却したい気持ちなどもチェックしているのだ。

ベテランの査定スタッフやメカニックともなれば、バイクをチェックしつつもオーナーさんの愛車に対する気持ちや高額査定への情熱を知るために世間話にみせかけて様々な質問を投げかけてくるはずだ。

何気ない会話のようだが、査定スタッフからすれば査定額を決める大きな判断基準となっている場合もある。楽しく会話するのは構わないが、油断せずに質問の本意を考慮しつつ返事をしておきたい。

バイクが邪魔だ…すぐに引き取ってもらいたい

置き場に困るバイクではバイク売却において、査定額を安くされかねないオーナーさんの態度や言動について少し突っ込んで考えてみたい。

その手の態度や言動を挙げだしたらキリがないが、中でも絶対に査定額が安くなる態度といえば「バイクが邪魔なのですぐに引き取ってもらいたい」といったオーナーさんの態度といえる。

実際にはこの手の態度をとるオーナーさんの多くは、本来の所有者ではなく所有者の配偶者や家族といったケースが多い。わかりやすく言えば、何らかの理由でバイクだけ置き去りになって家族としては邪魔だというパターンだ。

この場合は査定額が高いとか安いといった部分よりも、すぐに引き取ってくれるかどうか…という部分が売却の判断基準となってくる。そもそも車両の取引相場も知らなければ希望の買取金額も決めていない。

誤解を恐れずに言わせてもらえるなら、バイク買取店や販売店にとって絶好のお客さんなのだ。

少しでも安く買い取ればそれだけ利益が残せる…わざわざ高額査定を提示する査定スタッフやメカニックなどいないはずだ。

上記の事実を踏まえて、どんなにバイクが邪魔であろうが、すぐに引き取ってもらいたい…というセリフは絶対に口に出してはいけない。むしろ嘘でも、急いでいないので他店舗とじっくり比較してみたい…と余裕を醸し出してもらいたい。

バイクをアピールするあまり話が長い

愛車をアピール管理人が過去に買取関係に関わっていた時代、もっとも苦手だったのがこの手の売却オーナーさんである。

愛車を高額査定してもらいたい…という気持ちからか、必要以上に愛車をアピールし、査定とは関係の無い説明を延々と続けるようなオーナーさんである。

たしかに大事に扱ってきたアピールは必要といえる。だがオーナーさんの気持ちと査定額が比例するものでもない。査定額は業者オークション取引相場やバイクの人気、状態等で決まってくるのだ。

そもそも足を運んでくれる査定スタッフは、1日に何箇所も出張査定を予定しているケースも多い。

次の出張査定が控えている状態で、査定を関係の無いアピールや説明を延々と聞かされるのは非常に辛いのは容易に想像できるかと思う。

売る気があるのか無いのかハッキリしない

バイク買取店ダイレクトショップバイク売却で高額査定をゲットするための鉄則といえるのが「複数店舗での査定」といわれている。

そういった風潮があるためか、査定交渉が始まるやいなや、他店舗での売却を予定している…とカミングアウトされるオーナーさんもいるようだ。管理人としてはそれもどうかと思う。

もちろん査定スタッフやメカニックとしても、他店舗でも査定される事や他店舗の査定額と比較される事は百も承知である。

だがわざわざ足を運んでくれた査定スタッフに対し、会うなり開口一番で「他店舗で…」とは常識の範囲を超えてはいないだろうか。

同じように、自分が出張査定を予約して査定スタッフにきてもらったはずなのに、「売却するか決めかねている…」と売るのか売らないのかハッキリしないオーナーさんも少なくない。

少しでも高額査定に近づけるように頑張る査定スタッフも、そんな態度が見え隠れすれば、買取のモチベーションも下がるというもの。心の中では売却に迷いがあったとしても、査定交渉の場では悟られないよう注意しておきたい。

もちろん査定のポイントを注意しただけで高額査定が約束されるほど、バイク売却は甘くない。大前提として高額になりやすい店舗から選んでおく…という部分を忘れてはいけない。

売却先選びにもいくつもポイントはあるが、管理人の個人的な意見をいわせてもらえるならば、口コミや評判といった信ぴょう性の怪しい情報よりも、各売却先の公式サイトをじっくりチェックした方が良い結果になるとかんじている。

参考までに定番として毎度お世話になっている売却店舗を以下にまとめておくので、ぜひともリサーチに活用してもらいたい。