中古バイクはどこが一番高く買取るのか…という考察

悪徳業者この手のバイク関連のサイトを運営しているおかげで、ひと昔前にくらべてバイクを売却予定のオーナーさんから頻繁に相談をうける機会が増えたようだ。

所属しているツーリングチームのバイク仲間はもちろんのこと、知人・友人が愛車を売却する際に様々な相談をいただくようになった。嬉しい反面、責任重大である。

とはいえ、相談内容の十中八九はほぼおなじ内容といってもよい。

簡単な話が「バイクはどこに売ればもっとも高く買取ってもらえるのか?」というものである。

そもそも車種やジャンル、状態によっても売却すべき相手は変わるもの。残念ながら、どの店舗が高額で買取るということアドバイスできないが、売却先選びのコツやポイントは伝えておくようにしている。

状況が違えば理想的な売却先などコロコロ変わるのだ…。

下手に高額査定の売却先を教えるよりも、バイク売却の仕組みや売却先選びの基本的な考え方を教えた方が、各自でアレンジしてその都度ベストな相手をみつけることができるのだ。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

中古バイクをもっとも高く買取る売却先選びの考察

さて愛車をもっとも高額で買取る売却先の選び方について、以下にまとめておくので参考にしてもらいたい。

あくまで管理人の20台近く売却してきた経験と、過去に数年間関わってきたバイク買取業界の経験から辿り着いた方法である。少々まとまっていないがご勘弁願いたい。

まず最初にバイク売却の基本的な部分について伝えておくが、この部分を勘違いされているオーナーさんが非常に多い…。

まずは間違った考えを捨て去ることから始めるべき…というのが管理人から最初のアドバイスだ。

売却先選びは数多くの候補から愛車に合った売却先に絞り込む作業

バイク売却申込みまずバイク売却における売却先選びが、通常の商品やサービスの購入と違う部分といえば、最初に絞り込んではいけない…という部分である。

何らかの商品やサービスを購入する場合、数多くの選択肢から自分の希望や予算といった条件に合うものに絞り込むはずだ。

最終的にもっとも条件の合う商品やサービスこそが購入すべき商品という考え方である。

だがバイク売却においては、その考えは捨て去ってもらいたい。考え方としては180度違うといえる。最初に絞り込んではいけないのだ。

というのも、バイク売却は実際に査定をするまで、ユーザーとしては想像もつかないケースが多いためである。

そもそも車種や状態、年式や走行距離によって査定額が上下するバイクの査定額…相場からある程度の予想はできるが、実際に査定を受けるまで明確にわかるものではない。

それだけに、査定前に売却先を絞り込んでは、本来ならもっとも高評価をするはずの売却先を逃す可能性もでてくる。つまり売るべき相手を自分から遠ざけてしまうのである。

その部分を理解してもらえれば、当サイトの賢いユーザーさんはお気づきだろう…つまり候補となる売却先を絞らずに数多くの売却先から選んだ方が高くなるということだ。

無料査定に申込む段階は、管理人からすれば売却先を絞り込むステップではない。絞り込みの作業は無料査定の後の話だ。

その焦りが思わぬ安値で売却するパターンにつながる…という部分を忘れないでもらいたい。

バイク売却の情報ならこちら。ネットでリサーチするならこのようなサイトがおすすめといえるだろう。

売却先の特性を知ることで売るべき相手を判別する!

出品車両実際この部分も非常に大切だが、見落とされがちな部分でもある。

過去にそれなりの台数のバイクを売却してきたユーザーさんはご理解の上かと思うので、読み飛ばしても構わない。

だが過去に2~3台のバイク売却経験という経験の浅いユーザーさんは念のため、じっくりと読み進めてもらいたい。

上述したように査定前に売却先を絞り込むのは、管理人の経験上おすすめとは言えないが、売却方法は別物である。

つまり中古バイク販売店やバイク買取の専門店、ネットオークションといった大きく分け他売却先の意味である。

この売却方法を読み違えてしまえば、残念ながら高額査定となるはずの愛車も安値で売却せざるを得ない。最終的な売却先選び以上に重要な部分なので注意しておきたい。

もっとも高額で買取る売却方法は買取専門店が一歩リードしている!

査定を受けるバイクさて、大きく分けて中古バイク販売店での持込査定、バイク買取の専門店による出張査定、ヤフオク等のネットオークションといった売却方法がある中、もっとも高額になる方法はどれなのか?

もちろん、バイクの車種や状態によってもベストな売却方法はケース・バイ・ケースである。その点に関しては各自で自分の愛車と相談してもらう他ない。

だが結論として管理人がひとつ選ばせて頂けるならば「バイク買取の専門店」がどの車種でも安定して高額だと感じている。

過去にレッドバロンやソックスといった中古バイク販売店、バイク王をはじめとした大手バイク買取店、そしてヤフオク等のネットオークションも数多く利用してきた管理人の現時点での結論である。

かくいう管理人もひと昔前まではバイク買取の専門店には正直、良い印象を持っていなかった。バイク王の悪い口コミや評判の影響か、どうしてもバイク買取店の出張査定を敬遠していたことも事実である。

だが実際に利用してみると、他の売却方法よりも高額査定になるケースも多いことを知り、それ以降は売却時の定番として利用している。

最終的な売却金額は買取側の本気度と比例する!

買取本部この「バイク買取店の査定が微妙に高い…」という事実を裏付ける理由として、管理人は以下のような理由を考えている。

まずは中古バイク販売店のような実店舗の費用や人件費、売れ残る在庫車両という概念が無いのだ。

バイク買取店の大半は買取りした車両を、もっとも高額で売却できる業者間オークションに転売するのである。業者間オークションであればどういった状態のバイクだろうがまず間違いなく売却できるので在庫というリスクは不要だ。

また買取した車両を長期にわたって保管する場所も要らなければ、保管中に状態が悪化するというリスクも無い。つまり中古バイク販売店とは営業スタイルそのものが違うのだ。

リスクが無いだけに強気で査定できる…という部分が大きいといえるだろう。

そして出張査定と持込査定という査定スタイルの違いも、査定額に大きく影響を与えるはずだ。

中古バイク販売店における査定といえば、基本的には持ち込まれた車両に対しての店舗内での査定である。つまり店舗側としては買取が成立しようがしまいが、大きな出費は無い。

一方、出張査定をメインに行なうバイク買取店の場合は、買取成立と不成立では大違いなのだ。査定スタッフの往復の時間、引き下げ用トラックの燃料費…ユーザーにとっては無料査定だが、業者側が負担しているに過ぎないのである。

つまり買取成立しなければ完全な赤字…それだけに買取に対する本気度が中古バイク販売店とはまったく違うといえるかもしれない。

本気度が高い…ということは、言いかえれば多少の利益を圧縮してでも確実に買取って持ち帰る…という意味でもある。

買取が成立してもしなくても出費の無い中古バイク販売店とは査定額のシビアさも違うのは当然の流れであろう。

競合他社とのバランスを考えて相手を選ぶ!

売却先比較他にももっとも高く買取る売却先選びのポイントは数多くあるが、もっとも大切な部分といえるのだ複数の売却先を比較することだ。

この部分についてはネット上の他の情報サイトでも語られている部分なので、当サイトで改めて説明する必要も無いだろう。

候補が多ければより高く査定する売却先がみつかる確立も高い。それについては管理人も異論はない。そこで当サイトとしては、もう少し突っ込んでこの部分について説明しておきたい。

それは複数の売却先を比較するだけでなく、「売却先のバランスを考えて申込む」ことだ。言い方をかえれば「売却先同士の力関係」まで意識して売却先を選ぶことともいえる。

よく考えてもらえばお分かりだろうが、バイク売却の交渉において「競合他社の査定額だから上乗せする」のである。

仮にバイク王が名の知れない小さな地域密着型のバイク買取店の査定額など相手にしないのだ。例え実際にそういった店舗に買取られたところで業界のシェア争いには無関係…つまり本気で勝負などしないはずだ。

しかし競合他社のバイクワンやバイクランドが、バイク王以上の査定額を提示した場合は別である。本来は自社で買取るはずの車両が他店舗に流れるということは、シェア争いの面では大きなマイナスといえる。

それ以上に最近のSNSのような場で拡散されれば、大きなマイナス効果だ…それだけに本気で上乗せにでてくるのが容易に想像できるだろう。

つまりライバル関係の売却先を上手くピックアップして無料査定を受けるのが、高額査定になるかどうかの大きな分岐点なのだ。

参考までに以下の店舗から選んでも良いだろう。どこも管理人のお世話になっている売却先である。もちろんバイク買取業界のシェア争いには敏感な大手ばかりだ。2つ3つで比較することで大幅に高くなる可能性もあるはずだ。