バイク査定の注意点!高額で買取ってもらうための交渉術とは?

バイクツーリングずっと乗り続ける予定だった大切な愛車…。

生活環境の変化や経済的な理由によって残念ながら手放すシチュエーションもでてくるはずだ。

そこで売却オーナーさんとしては、愛車を少しでも高く買取ってもらえる売却先を探すのが通常の流れだが、基本的にどの売却先に手放すことになっても「査定」という部分は避けて通れないはずだ。

少々大袈裟な言い方になってしまうが、査定の結果しだいで売却金額が上下するのである。

裏を返せば査定を上手くこなすことで、愛車をより高額で売却することも可能である。一方で、残念ながら査定で失敗すれば相場以下で買取られるということだ。

それだけに、売却先選びと同様に愛車売却において絶対に手を抜けない部分だと管理人は考えている。

もちろん、査定時の対応も査定額を決める重要な要素といえるが、それ以上に売却先選びも同様に重要な部分でもある。手っ取り早く売却店舗をチェックしたい方は以下の管理人の定番から選んでみるのはどうだろうか?

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイク売却の査定額を決める大きな要素が業者間オークション取引相場

業者間オークションまずバイクの査定において、最終的な査定額を左右するもっとも大きな要素といえば「業者間オークション相場」といえる。

バイク買取店の大部分が、在庫というリスクを避けるために買い取った車両を最短で売り抜くために利用するのが業者間オークションである。

つまり買取られた車両の大部分が向かう先が業者間オークションといえる。それだけに業者間オークションの取引相場が査定額の基準となっているのだ現状なのである。

よって車両の状態が極上で新車同然といった場合でも、業者間オークションの取引相場以上で査定されるケースもは基本的に無い…と考えてもらいたい。

状態に関しては完全にケース・バイ・ケースだが、同じ車両でも業者間オークション相場の半額、1/3以下…というケースも珍しくない。基本的に業者間オークション相場の7割、8割り程度で査定されれば上々というところだろう。

バイク売却での査定内容と査定基準

売却前のメンテナンスでは次にバイク売却における査定内容と査定基準についてご説明しておきたい。

まず査定スタッフは上述の業者間オークション相場を参考にして車両の最高査定額を判断する。

つまり新同車、極上車の場合の最高査定額が決定されるわけだ。

とはいえ実際の査定されるバイクの多くは通常に使用されているバイクが大半…つまり傷やダメージ、エンジンんも調子といった部分を考慮して減額する必要がでてくる。

ちなみに具体的な査定基準や査定内容に関しては、業者が違えども内容に大差は無い。大きく分けてフレーム部分、エンジン関係、外装関係、電気・保安部品、フロント周り、リア周りといった6つの項目から構成されている。

中でもフレーム部分とエンジン関係は査定項目の中でも最重要項目である。

この部分に大きなダメージや損傷がみられた場合、大幅な減額、もしくは最悪だと買取不可となる場合も稀にある。過去に転倒歴や事故歴のあるユーザーさんは事前に確認しておいた方が無難かもしれない。

参考までにお伝えしておくが、状態の評価に関しては各項目とも7段階で評価される。

新車同様である7点~不動車・事故車といった致命的なトラブルを抱えている状態の1点までの7段階で評価され、その各項目の評価をもとに総合的に車両の評価を7段階で行なうのが一般的な査定である。

バイク査定での交渉の話術とは

そこで実際の査定交渉において、少しでも評価を上げるために交渉のコツを知りたい方もいるかもしれないので、ちょっとだけポイントを紹介しておく。

実際、バイク売却の交渉術に関してはネット上の情報サイトを見ての通り、諸説あるかと思う。

だが過去に20台近くのバイクを売却してきた…つまり20回近くのバイク売却交渉を繰り返してきた管理人としては、重要な部分は1つ2つである。

バイク売却の交渉では愛車の状態を素直に伝える

バイク売却申込みまずはバイクの状態、乗ってきた経緯を包み隠さず正直に伝えることだ。

中にはバイクの査定額に影響する事を恐れ、軽い転倒歴や事故歴も隠してしまうユーザーさんも多いようだが、管理人からすればそれは逆効果に他ならない。

そもそもバイク買取の査定スタッフは、乱暴な言い方をすれば「ハナからユーザーさんの説明を信じていない」のである。

そもそも中古バイクの場合、現在のユーザーさん以前に他のユーザーさんが複数存在しているのが普通といえる。つまり現在のユーザーさんからの情報はごく一部の情報なのだ。

そう考えた場合、バイクの状態をもっとも正直に語ってくれるのが、何を隠そうバイク本体である。バイクの状態はバイクの歴史である…例えユーザーさんが嘘をついてもバイクの状態は嘘をつかないものだ。

つまりユーザーさんが下手に情報を隠したところで、査定スタッフやメカニックが車両をみれば一目瞭然なのである。結局は大抵な部分がバレるのだから、先手を打って自分から申告しておこう。

発覚前に不利な情報を申告するユーザーさんは、査定スタッフにとっては信頼のおけるユーザーさんに感じるものだ。そもそも中古バイクの査定において小さな転倒歴や事故歴、修理歴など大したマイナスポイントではない。

その部分の減額よりも、まずは査定スタッフとの人間関係を築くことに注力してもらいたい。

下手なお喋りは逆効果となる

査定を受けるバイクもう一つの査定交渉もコツを挙げるならばこの部分といえる。

実際に愛車の査定交渉の場では、挨拶を済ませると世間話を交えて車両の状態のチェック…というのが普通の流れだが、この世間話にもトラップがある場合もある。十分に注意してもらいたい。

基本的にどの売却先だろうと、1円でも安く買取りたい…というのが買取側の共通認識である。そのためにユーザーさんから必要な情報を収集するために世間話をするのである。

つまり査定スタッフやメカニックから何気なく質問をされた場合、その質問の裏には何らかの他の意味が含まれていることも想定しておきたい。

例えば「このバイクが売れたら、次に何のバイク狙ってるんですか~」なんて質問もよくみられるが、単純に次のバイクを知りたくて質問しているわけではない。

ユーザーさんが車両の取引相場を理解しているのか?という部分を確認しているかを判断するために質問しているケースもある。下手に返答すれば「もう少し安く提示しても大丈夫かもしれない…」と判断され、思わぬ安い査定額を提示される可能性もあるので返事には注意しておきたい。

やはり無駄口を叩かずに、必要最低限の情報しか与えない方が高額査定につながるはずだ。こちらにどの程度の相場観があるのか、手の内を明かさないのがポイントである。

また相手の出鼻をくじくように「この後バイク◯◯とバイク□□で査定が控えているんです~」とカウンターを浴びせるのも悪くない。とくに競合他社が後に控えているという一言は査定スタッフの心理面を揺さぶる良い方法である。

バイク査定額は売却先選びでほぼほぼ決まる!

高額査定ここまでバイク売却の査定内容や査定基準、査定交渉のコツをご紹介してきたが、管理人の経験上、それ以上に売却金額を左右するのが「売却先選び」といえる。この部分で手を抜けば確実に失敗する。

せっかく上記の査定交渉のコツを知ったところで、高額になりにくい店舗ばかりで査定しては高額になりえない…というのが残念ながらバイク買取業界の現実なのだ。

その意味でも、こちらの作戦しだいでは高額査定の可能性の高い売却先を選んでもらいたい。

もちろん自分のお気に入りの店舗がある方は、まずはそちらを最優先で利用してもらいたい。自分の直感や過去の売却経験のデータは他人の口コミ情報の何倍も役立つ情報だ。

だが先入観や凝り固まった考えだけで売却先を決めるのは早計かもしれない。そこそこの高額な取引となるバイク売却…後悔の無いように冷静に比較検討して売却先を選び抜いてもらいたい。

ちなみに比較検討を行なう場合、同レベルのバイク買取店や中古バイク販売店を比較しなければ本当の比較の意味を持たない。査定スタッフも自社よりもずっと格下の店舗の査定額など比較されても気にしないのだ。

その点でも、大手の競合しているバイク買取店同士、例えばバイク王、バイクワン、バイクランド、バイクボーイといった店舗なら相乗効果も大きい…というのが管理人の経験則だ。

もし無料査定を申込む相手にお悩みなら、管理人の毎度お世話になっている店舗から選んでみても良いだろう。どこも競合しているので複数で査定し、金額を比較すれば相乗効果で高額になりやすいはずだ。参考までに公式サイトだけでもチェックしてもらいたい。