バイク買取の手続きと売却先による違いを徹底比較

バイクへ意義変更手続き理由はどうであれ、大切な愛車を売却するというシチュエーション…。

これまで20台近くのバイクを乗り継いできた管理人は別として、一般的なユーザーさんにはそう頻繁に訪れるものではないはずだ。

ある意味、普通のユーザーさんにとっての愛車売却といえば一大イベントといえるだろう。

それだけに、バイク売却経験の浅いユーザーさんの中には、売却の手続きや必要書類といった部分に不安を感じているケースも多いのではないだろうか?

たしかに中古バイク販売店での持込査定、バイク買取店の出張査定のどちらにせよ、必要な書類にやらねばならない手続きはでてくるものだ。

もちろん売却先によっては、ほとんど手続きも不要なケースもあるが、最悪の場合は当日に買取不可能というパターンもあり得る。

せっかくゲットした高額査定も書類の不備があればやり直しという場合もあるので注意しておきたい。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイク買取の手続きは売却先によっても大きく違う

バイク持込査定さてバイク買取における必要書類とやるべき手続きについて以下で詳しく説明するが、その前にまずは売却先や売却方法を絞り込むのが先決といえるだろう。

というのも、売却先や売却方法が違えば必要書類も必要な手続きも違うのだ。

したがって順番としては「売却先や売却方法を絞り込む→必要書類や必要な手続きを知る」という流れで進めてもらいたい。

とはいえ、メジャーな売却先といえる中古バイク販売店やバイク買取店の場合、大袈裟な必要書類や手続きは不要である…安心してもらいたい。

基本的に売却予定のバイクが他人名義だったり、ローン返済中であったりしなければ、書類とよべる書類は不要である。一方、ヤフオクのようなネットオークション等の個人売買となればそれなりの必要書類や手続きは覚悟してもらいたい。

ネットオークションでのバイク売却における必要書類と手続き

出品車両では比較的、売却時に必要書類や手続きが面倒といえるネットオークションでのバイク売却のケースを考えてみよう。

そもそもネット上の取引とはいえ、ヤフオク等のネットオークションは個人売買の延長である…したがって必要な書類も手続きも個人売買のそれに準ずるといえる。

もちろん排気量等によっても微妙に内容は変わってくるが概ね以下の書類や手続きを準備しておきたい。

売却側で用意すべき書類 車検証(登録書類)・自賠責保険証明書・譲渡証明書・ナンバープレート・印鑑・軽自動車納税証明書・委任状(売却時に代理人が行なう場合)
購入側で用意すべき書類 住民票・印鑑・軽自動車税申告書・手数料納付書・自動車検査証記入申請書

参考までに251cc以上のバイクで必要となる書類は上記のとおりである。これらの書類を用意し、購入者(新所有者)はお住まいの管轄の陸運支局で登録手続を行なう必要がある。

全国のユーザーさんにアプローチできるのがヤフオク等のネットオークションの最大のメリットだが、裏を返せば実際に相手の顔を知らずに売買するというリスキーな行為とも考えられる。

中には約束した期日に名義変更を行わずに、前所有者の名義のまま平気で乗り回す…という悪質な落札者も少なくないといわれている。

もしネットオークションで愛車を売却する場合は、上記の必要書類だけでなく、名義変更に関する誓約書、または預かり金を設定するなど工夫しておきたいものだ。

中古バイク販売店とバイク買取店での売却必要な書類と手続き

売却先比較上述したネットオークションでのバイク売却とくらべ、準備する書類や手続きが大幅に簡略化されているのが中古バイク販売店やバイク買取店での売却だ。

他人名義の場合は譲渡証明書や委任状が必要となるが、基本的に必要な書類といえば、車検証(登録書類)と本人確認の免許証の2点のみ。売却にあたってわざわざ準備する書類など無い。

仮に何らかの理由で車検証(登録書類)が見つからない場合でも慌てる必要は無い。中古バイク販売店やバイク買取店のスタッフは買取のプロである。

過去の納税関係の書類があれば、査定スタッフやメカニックさんが車検証(登録書類)の再発行まで代行してくれるケースもある。

バイク買取店や中古バイク販売店としては、書類の不備のような小さな問題で大切な見込み客を逃したくないのだ…どういった手段をつかってでも買取を成立させるので安心してもらいたい。

だが確実に買取不可となるケースもある。

例えば他人名義のバイクで書類上の所有者と音信不通で連絡がとれない…おまけに委任状も譲渡証明書も無い…こういった場合は残念ながら盗難バイクの可能性も否定できないので買取不可となる。注意しておきたい。

バイク売却の手続きに不安や疑問のある方にお勧めの売却先とは?

バイク買取店ダイレクトショップここまでご紹介した通り、売却先や売却方法によって用意すべき書類や行なう手続きが違う点は理解してもらえたはずだ。

仮に何度もバイクを個人売買で売却した経験のあるユーザーさんであれば、必要な書類や手続きを感覚的に理解しているかと思う。

もちろん運悪く悪質な相手に落札されてしまえばどうにもならないだろうが、自分の車種や状態に合わせて希望の売却先や売却方法を選択してもらいたい。

一方、バイク売却経験の浅い方、または初めてのバイク売却という方。

もちろんやる気と根気さえあればネットオークションに出品…という選択肢もあるが、管理人としては中古バイク販売店やバイク買取店の出張査定をお勧めしたい…というかバイク買取店の出張査定あたりが無難な選択だと考えている。

少なくともバイク買取店の出張査定ならば、書類的な不備や手続きの漏れといった不安は解消されるはずだ。

本来の目的である「愛車を少しでも高く買取ってもらう」という部分に注力する意味でも、無駄な不安や心配は事前に排除しておくことが肝心なのだ。

バイク買取店に絞り込むことでユーザーさんとしては、手続きや書類集めといった手間や労力からも解放されて本当に高く買取る売却先選びに集中できる…と管理人は考えている。

もちろんバイク買取店に絞り込んだからといって査定金額が安くなるわけではない。むしろ高額になりやすい複数の店舗を比較することで希望の査定額…いやそれ以上の金額になるケースも少なくない。

もし売却先選びに自信が無い場合、以下の管理人が懇意にしている売却先からいくつか申込んでみるのも悪くは無いかと思う。