バイク売却の手続きで注意すべきポイント

バイク売る手続きバイクの売却方法を考えた上で、けっこうネックになってくる部分のひとつが「バイク売却の手続き」ともいえる。

バイク売却に必要な手続きは、原付き、小型二輪、中型以上のバイクと排気量によっても必要書類や方法も変わるものだが、それ以上に売却方法によっても手続き内容も変わるので注意してもらいたい。

最近ではスマホが普及したことで、愛車をヤフオクのようなネットオークションで売却してみようと考えるオーナーさんも増えてきたが、ネット上の個人売買となれば、なおさら売却の手続きには細心の注意を払って欲しい。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイク売却の手続きを甘く見ると偉い目に遭うので要注意!

というのも、出品する以上は出品者としての責任がある。愛車の状態を嘘偽り無く掲載し、落札後にクレームが生じないように努力すべきだろうし、落札者がまったくのバイク素人さんという可能性だってある。

簡単にいってしまえば、バイク売却に必要な書類の用意や手続きの段取りまでが、出品者の役目だと管理人は考えている。

しかし残念ながらネットオークションでバイクを売却する方の中には、そういった手続きまで想定せずに軽い気持ちで出品する方も多く、落札後の手続きによるトラブルも少くないようだ。

管理人としては、そういった売却後の手続きによる煩わしさが苦手な方こそ、以下のような手続きをすべて代行してもらえるバイク買取店へ売却することをお勧めしたい。

面倒な手続きから解放されるだけでなく、下手したらネットオークションよりも大幅に高額に売却できる可能性もある。

というのも、数年前までのネットオークションと違い最近のネットオークションは、バイク売却のプロも数多く出品しているし、車種によっては落札側もプロというケースも珍しくない。

つまりプロのバイク業界の人間と、一般のバイクオーナーさんが混在した状態…。

バイク業界の人間としては、手数料の安いネットオークションを利用できれば従来の業者オークションよりも高く売却、安く購入できるため、一般のユーザーさんを装って出品、落札しているケースも目立つ。

そういった状況を考えても、一般のオーナーさんが出品したバイクが予想以上に高沸するケースは稀だろうし、ネットオークションの特性を考えても
相場以下の場合が多いのは間違いない。

手続きに関しても、落札者がバイク業界の方であれば安心だろうが、中には名義変更をいつまでも申請しないようなルーズな落札者もいるという。落札者をこちらで選べないオークション形式だけに、こういったリスクも事前に考えておきたい。

バイク売却の手続きは予想以上に手間がかかる

愛車を売却する場合「いかに高く売却できるか」、「どこに売却すべきか」という部分に注目しがちだが、管理人としては売却後の手続きにも注目してもらいたい。

というのも、一般のユーザーさんがバイクの手続きを行なうという事は、非常に大変だし手間がかかるものだから。管理人のように元バイク業界の人間にとっても、久しぶりに行なうと骨が折れる。

そういった手間や時間、労力を考えた場合、もし同じ金額で売却できるのならバイク買取店やバイク販売店で売却した方が何倍もお得だといえるのではないだろうか。

例えばバイク買取店の出張査定であれば、バイクを持込む手間もかからず、自宅までトラックで査定に来てもらえる。そして査定額に納得できればその場でトラックで引取り、書類関係の手続きもすべて代行してもらえる。

もし自分で手続きを行なった場合、役所に足を運んで書類を申請…半日~1日がかりの可能性もある。そういった部分は単純お金に換算する事はできないだろうが、精神的な負担を考えても数万円の価値はあるかと思う。

ネットオークションや個人売買でのバイク売却手続きに必要な書類

まず最初にいっておくが、上記で紹介したようなバイク買取店の出張査定を利用して売却する場合、以下に説明する書類は基本的に必要無い。

買取店により詳細は違うだろうが、基本的に自分を証明できる免許証などの書類、それに愛車に車載している車検証や登録証を用意してもらえれば、ほぼ間違いない。

特別な用紙や書類は不要だし、万が一必要であれば買取のプロである査定スタッフの方が用意するか、分かりやすく説明してもらえるはずだと思う。

ということで、以下に紹介する必要な書類は、ネットオークションでの売却や個人売買による売却時の手続きでの必要書類ということになる。

個人売買の可能性もある…という方は一通り目を通しておいて欲しい。

売却側で用意 買取側で用意
125cc以下のバイク売却手続き 廃車証明書
自賠責保険証明書
譲渡証明書
軽自動車税申告書並びに標識交付申請書
身分証明書
印鑑
126cc~250cc以下のバイク売却手続き 軽自動車届出済証
印鑑
ナンバープレート
自賠責保険証明書
譲渡証明書
印鑑
住民票
軽自動車届出済証記入申請書
軽自動車税申告書
251cc以上のバイク売却手続き 車検証
印鑑
自賠責保険証明書
譲渡証明書
委任状
軽自動車納税証明書
ナンバープレート
印鑑
住民票
自動車検査証記入申請書
軽自動車税申告書
手数料納付書