バイク買取における悪徳業者と予防策の考察

悪徳業者バイク売却に限らず上手い話には必ず裏があるものだ。もし根拠もなく他よりも好条件の話があれば、大抵の場合は何らかの悪い面もある。

管理人のように数々の失敗を繰り返している人間なら、「あ、怪しいぞ…」と裏を取りにでるものだが、世の中にはピュアな人間が多いようだ。

残念ながらバイク売却においてピュアな気持ちは命取りになる。

よってこれから愛車を売却するオーナーさんで、周りから「純粋な人間」と評価されている方は特別に注意して読み進めてもらいたい。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

根絶していない悪徳バイク買取業者

悪徳業者と契約というのも、バイク買取で過去に話題を集めていた悪徳業者なる買取店が未だに存在しているようなのだ。

そもそも、悪徳業者と普通の業者のボーダーラインがどの辺りなのか管理人も判断に困るが、明らかに悪徳業者とよべる暴挙にでる買取店がまだまだ生き残っているようである。

ライトな悪徳業者としては、無料の出張査定とうたっておきながら、買取不成立の場合は出張査定費用や移動費を請求してくるという業者も少なくない。

確かに公式サイトを詳細まで確認してみると、片隅に「※買取不成立の場合は出張査定費用は別途」といった記載もあるケースもあるが、その数倍のサイズの文字で「無料出張査定!」とあれば、疑わない人間が普通である。

管理人も過去にこの手の悪徳業者にかかった経験があるが、今考えれば高い勉強代を払ったものだ。

さらに酷い悪徳業者となると、当日に買取代金の一部だけを支払い、残りは後日振込みますといいつつ支払わない業者もいるようだ。

オーナーさんが問い合わせてみると、バイクに致命的な欠陥や不具合がみつかったために残金は払えない…と逆に返金を求めるような買取店もあるらしいのだ。

もうここまでくれば完全に悪徳業者と呼んでも差し支え無いかと思う。

残念ながらその手の悪徳業者は査定当日には丁寧親切を装っているので見破れないケースがほとんどと言われているが、当日に難癖をつけて全額を払わない買取店は疑ってみた方が良いかもしれない。

バイク買取における悪徳業者の見破り方

売却先比較上述したように、過去に軽い悪徳業者に騙された経験のある管理人が偉そうにいう立場ではないが、ある程度は悪徳業者、悪徳バイク買取店を見破るポイントはあるかと思う。

まず「明らかに査定額が良い」という売却先は悪徳業者の可能性が大きい。

しっかりとした根拠を提示しての高額査定なら管理人もうなずける。だが根拠もなくいきなり高額査定という場合は高確率で悪徳業者だと疑ってかかった方が良いだろう。

もしくは悪徳業者でなくとも、査定交渉中に減額につぐ減額によって、買い叩こうとする業者の可能性もある。とりあえず出張査定に進めて、当日にオーナーさんの顔色を伺いながら減額を繰り返して安く買取る買取店だ。

どちらにしてもオーナーさんに利益のある売却先ではない。最初から丁重にお断りしておいた方が無難だろう。

時間にルーズ

次のパターンは電話対応が悪い、時間にルーズ。

正直、この部分だけで判断するのもどうかと思うが、管理人の過去の経験上、この手の売却先は悪徳業者までいかずとも査定すべき売却先ではないと考えている。

何度もバイクを売却している方はご存知かと思うが、今時の大手のバイク買取店の場合、まず間違いなく電話対応もしっかりとしているし、査定スタッフも時間にルーズなことは無い。充分に教育を受けているので当たり前の話だ。

この手の怪しいバイク買取店になると、結局のところ、査定額もパッとしないのが関の山だ。

限られた時間を有効に使うなら最初から選ばない方が賢明だといえる。

上記の注意点を考えた場合、売却慣れした上級者であれば、敢えて微妙な買取店を利用する売却テクニックも考えられるが経験の浅い方にはお勧めできない。そういった微妙な店舗を利用して高額査定を勝ち取るのは5台、10台と売却してからの話である。

バイク買取の悪徳業者が心配なオーナーさんの場合

バイク売却申込みとはいえ、査定申込み前に見破れる悪徳業者もあるが、実際には査定の段階で始めて悪徳業者だと気づくケースも少なくないだろう。

もし悪徳業者だと感づいた場合、しれっと査定を終わらせて他の売却先を検討してもらいたい。

下手に査定現場で感情的になってしまうと相手の思う壺だ。その手の悪徳業者の場合、変に怒らせてしまうと必要以上に何らかの請求をしてくる可能性もある。

幾らかの出張費用を請求されたとしても勉強代として諦めるのがベストだろう。

もし本格的に悪徳業者を排除したいのなら、最初から大手の売却先でしか査定しない…という選択肢もある。大手のバイク買取店の場合、買取不成立だからと出張査定費用を請求する店舗も無いだろうし、当日に難癖つけて代金を払わない店舗も無い。

そういった意味では非常に安心して査定に臨めるのは間違いないかと思う。バイク買取店で選ぶならバイク王やバイクランドのような全国に拠点がいくつか在り、全国対応している会社は大手とよべる。

また中古バイク販売店でも全国的に展開しているレッドバロンやソックスといった店舗は大手とよべるだろう。これらの大手の査定スタッフはしっかりと教育されている上、自社のブランドイメージを重きをおいている。

よって悪い口コミや評判につながる軽率な行動はありえない…というのが管理人の見解である。