バイク持込査定よりも出張査定を利用すべき理由と査定額の違い

バイク持込査定乗らなくなったバイクを売却する場合、国道沿いの中古バイク販売店に持込んで査定を受ける。その査定額に満足できない場合は、他の思い浮かぶ中古バイク販売店へバイクを走らせる。

一般的なバイク乗りの方であれば至って普通の行動である。

そもそもひと昔前まではこういったバイク売却方法しか無かった事を考えれば、持込査定という選択肢は悪くないかと思う。

だがこういった当サイトを運営する管理人としては、その前にじっくりと他の売却先も検討してみる価値があることもお伝えしてきたい。時代は流れているのである。

今では年々、バイク買取を専門とした買取店がバイク買取のメインストリームに台頭しつつある。というか管理人の感覚としては、数年先にはバイク買取の大部分はこちらにシフトするような気さえする。

他にもヤフオクのようなネットオークションでの個人売買も利用者が増加中である。

スマホやネットの普及によりいつでもどこからでもアプローチできるのは非常に便利この上ない。もちろんバイク売却予定の方にとってもだ。さらここ数年、一般ユーザーだけでなく、プロのバイク業界の利用者も増えていることにも注目して欲しい。

下手に業者間オークションで手数料をかけて売買するよりも低リスクで高利益ということなのだろう。本来は一般ユーザーの個人売買のためのヤフオクなのだが、よく見れば素人になりすましたプロの出品者や落札者も多いことに気づくはずだ。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

持込査定でバイクを売るのも悪くないが、他の選択肢も

バイク持込査定つまりバイク売却の選択肢は持込査定だけではないのである。

もちろん従来のようなレッドバロンやソックスといった中古バイク販売店に持込むことに関して悪く言うつもりは毛頭ないが、他の選択肢も一考する価値はあるということだ。

ちなみに過去に20台近くのバイクを売却してきた管理人も、以前までは近くの中古バイク販売店に愛車を走らせて持込査定を受けるケースが多かったが、ここ数年はめっきり持込査定は行なっていない。

というのも答えは非常に」シンプル。単純に持込査定よりも買取の専門店の方が安定して査定額が高い…からである。

売却理由が新車に買い換えという場合は下取りというカタチで販売店を利用するケースも無くはないが、単純な買取だけでは勝負にならない…というのが管理人の率直な感想である。

とはいえ、ここ数年で急増したバイク買取店のおかげで業界としては成熟したが、悪くいえば利用すべきでないバイク買取店も増えたといえる。申込みの際は細心の注意を払って選択してもらいたい。

ポイントはネットの口コミや評判だけで判断しないこと…信憑性に欠けるネットの書き込みや無責任なものが多いし、そもそもバイク売却において車種や状態が違えば売却先も変わることは常識である。

もし選択肢に悩んだ場合は、過去に多くバイクを売却してきた管理人のお世話になっている店舗も検討する価値はあるかと思う。申込みするしないは別として公式サイトでキャンペーン情報くらいは確認しておきたい。

持込査定は安く査定されやすい!?

レッドバロンキャンペーンもしかしたら持込査定先を検討するために当サイトを訪れたユーザーさんもいるかもしれないので、ここからはバイク売却における持込査定について少し突っ込んで考えてみたいと思う。

ちなみに以下の考えは管理人の個人的な考えである。

それなりに売却してきた経験から的外れという可能性は低いといえるが、100%真実という自身も無いが、それを承知で読み進めてもらいたい。

まずは中古バイク販売店での持込査定の査定額だが、実のところ管理人としては高額査定になりにくい…と感じている。持込査定を検討しているユーザーさんには厳しい意見となるが、自分の売却経験から感じている管理人の素直な気持ちである。

しかしこれについては、管理人の実感があながち間違いではないのでは…という裏付けも少なからずある。

例えばここ数年レッドバロンで実施されている「査定額3万円アップキャンペーン」について。

これはバイク買取店での出張査定で提示された査定額を用意して持込んでもらえば3万円上乗せするという強気なキャンペーンのことである。裏話的なことをいえば、単純にバイク買取店に奪われた売却ユーザーを取り戻すための施策といえるだろう。

つまりレッドバロンも自社の査定額が一般的なバイク買取店の査定額に負けていた事を認めている証拠である。その結果、ユーザーが流れてしまった事実を認めてこういったキャンペーンを実施しているに他ならないかと思う。

多くのバイク買取店が買取実績を上げるために、少しでも利益を削って高額査定と躍起になっている間、誤解を恐れずにいうならレッドバロンは従来方式のバイク売却という立場であぐらをかいていたのだ。厳しい意見となる仕方の無いことかもしれない。

とはいえ一度流れてしまったユーザーを取り戻すことは非常に困難なことだと思う。もう多くのユーザーにとってバイク買取店の方が査定が良いというイメージが植えつけられてしまった以上、相当は努力が必要なのは言うまでもないだろう。

持込査定は仕組み上、高額になりづらい

高額査定たしかにレッドバロンやソックスといった中古バイク販売店も、最近になって買取強化が目立つように感じる。いよいよ背に腹は代えられないといった状況なのだろう。

しかし管理人としては、残念ながらバイク買取店と中古バイク販売店では仕組みが違う以上、査定額で勝負するにも限界があるのでは…と考えている。

そもそも中古バイク販売店には実店舗や多くの在庫バイクといったハンデがある。売却には実店舗も在庫バイクも必要不可欠だが、売却するユーザーにとって、それらはデメリット以外の何物でもないのだから…。

さらに実店舗と在庫バイクがあれば、営業スタッフやメカニックも常駐する必要がある。それだけ人件費もかさむということ。つまり高額査定にとってマイナス要因が多過ぎるという仕組み上の理由である。

その点、バイク買取の専門店は真逆と考えることができる。

まず必要最低限の拠点と査定スタッフ。必要とあらば外注の買取スタッフという方法もある。さらに買取りしたバイクは最短期間でもっとも高額な売却方法で捌く。業者間オークションでも海外輸出でも部品取りという方法もある。これは不得意な車種が無いという強みにつながる。

つまり高額で査定できる土台ができているのだ。

もちろん車種によってもレッドバロン等の中古バイク販売店に持込査定した方が高額になるケースもあるので一概には言えないが、多くの場合には現時点でもバイク買取店に軍配があがる…というのが冷静な判断かと思える。

もし、どうしても持込査定が希望という場合でも、いきなり持込査定という愚行はとらないように。最低でも以下のような安定した査定額を提示してくれる店舗で査定に臨んでから持込たいものだ。