中古バイク買取ならどこがいい?売却先選びの考察

売却前のメンテナンス長い人生、生活環境が大きく変わるタイミングというのが何度もあるかと思う。

就職で実家を出る。職場の配属がかわり地方へ移り住む。望んでも望まなくともこういた変化は人生にはつきものである。

もちろん生活環境が変わる場合、これまで毎日のパートナーであった愛車が不要となるケースもあるはずだ。

その場合、やはり大切な愛車を売却する以上は高く買取してもらいたい…というのがオーナーさんの本音ではないだろうか。

いくら中古でボロボロのバイクだとしてもかけがえの無い大切なバイクである。売却代金でどうこうしたいから…といった理由もあるが、愛車を高く評価してもらいたい気持ちが大きいはずだ。

管理人も過去に20台近くの愛車を売却してきたが、売却金額に満足できたバイク、残念ながら満足できなかったバイクと様々であった。やはり中古バイク買取には、オーナーさん側の下準備や予備知識が必要という意味なのだろう。

すでに予備知識や愛車の下準備は完璧…必要なのは申込むべきおすすめの売却先の情報だけ。という方もいるかもしれない。

そんな方々は管理人や所属するチームのうるさいベテラン連中が認めた売却先から選んでもらえば良いかと思う。

さんざん悩んで選び抜いた店舗だけをピックアップしているので、バイク売却にこだわりのあるオーナーさんでも満足いく査定額は期待できるはずだ。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

中古バイク買取は売却先選びだけの問題ではない

当サイト以外にも、ネット上には中古バイク買取を解説した情報サイトは数多くあるのはユーザーさんもご存知の通りだ。

だたその手のサイトの大部分は情報が乏しく「この情報だけで本当に愛車を高額で買取ってもらえるのか?」というのが管理人の素直な感想である。

というのもその手の情報サイトの多くは、「売却先選び」や「おすすめの売却先」といった情報に終始しているからである。たしかに売却先選びもおすすめの売却先という情報も必要といえば必要な情報だろう。

しかし中古バイクの買取はシンプルとはいえそれほど単純なものではない。情報サイトでおすすめしている売却先に申込むことで高額査定がもらえれば、管理人を含めてバイク買取で失敗する人間などいないのだから…。

その手の情報サイトについては管理人がどうこう言うつもりは毛頭ない。だが同じ扱いをされては困るのでこの場でハッキリさせておきたい。

「中古バイクの買取は売却先選びだけでは絶対に希望の金額で売却などできない」誤解を恐れずに言わせてもらえばこういうことである。

そもそも中古バイクの買取には他にもおさえるべきファクターがいくつもある。それらをすっ飛ばして高額査定などありえないのだ。

中古バイク買取におけるポイントその1 ネット上の情報に踊らされない

ネットで情報収集さて中古バイクを高額で査定してもらうために幾つか大切なファクターがあることは上記の通りである。ここでは具体的にポイントについて解説しておきたい。

まず管理人の考える中古バイク買取のポイントのひとつは「ネット上の情報に踊らされない」こと。

当サイトもネット上で運営されているサイトと考えた場合なんだか矛盾している気もするが、管理人の指すネット上の情報とは不特定多数が書き込んだような匿名性の高い口コミや書き込みのことである。

今では何を購入するにも口コミや書き込みをチェックして判断する方も多いが、もちろん普段の買い物では有効な手段だが中古バイクの買取においては信用に値しない情報が多いと感じている。

そもそも投稿者がどの程度のバイク売却経験者なのかも不明、いくつの売却先を比較したのかも不明…そんな不明確な情報から何を吸収できるのだろうか?

やはり参考になるのは投稿者がハッキリとした情報、かつ多くの売却先を比較した上で偏りなくまとめた情報。管理人の閲覧した限り、残念ながらそういった口コミや書き込みは皆無に等しいようだ。

中古バイク買取におけるポイントその2 愛車の洗車とメンテナンス

バッテリーあがり上述したように、ネット上の情報収集に走ることは大切な売却先を選ぶ判断力を鈍らせる…これが管理人の考えだ。

中には情報収集が目的となってネット上を徘徊し無駄な時間を費やす方も多いので注意してもらいたい。

無駄な情報収集によってバイクの下準備や売却に必要な手続きが滞ってしまえば結果としては高額で買取ってもらえないのである。

意外と見落としがちだが愛車を少しでも高額査定されるためには地味な下準備も大切なことなのだ。

よく売却先の公式サイトに「現状のままで気軽に査定を♪」とみかけるが、あれを真に受けて実践したら痛い目に遭う。これは管理人も過去に経験済みである。

ああいった広告は売却先が出張査定の手軽さをアピールするための文句であって、本当に現状のまま洗車もせずにガタガタの愛車を査定にだしたら思い切り査定額は安くなるはずである。注意してもらいたい。

言いかえれば、査定前にしっかりと洗車、ワックスがけ、バッテリーや空気圧のチェック、プラグの確認…と基本的なメンテナンスを行なっていればその分だけ査定額は上がりやすいという意味でもある。査定額アップは難しくとも無駄に査定額の減額は防ぐことは可能といえる。

プロショップに依頼するまでの整備と点検は不要だが、自分で可能なメンテナンスは確実に済ませてから査定に臨むのは鉄則といえるだろう。

中古バイク買取におけるポイントその3 高額になりやすい店舗で査定額を比較

売却の評判中古バイク買取におけるもっとも大きなポイントは何か?

この部分には諸説あるかと思うが、管理人の見解としては「ひとつでも多くの売却先を比較すること」である。

ネット上には一括査定サービスを利用して簡単に比較しよう…と一括査定サービスをおすすめする情報サイトもみかけるが管理人としては甚だ疑問が残る。

そもそも無料の一括査定サービスは登録ユーザーにとって無料ではあるが、提携バイク買取店とは利害関係があるのは明らかである。簡単にいってしまえば無料の一括査定経由で査定を申し込まれた場合、バイク買取店から無料の一括査定サービスへ何らかの支払いが生じるということだ。

では、その費用はどこから捻出されているのか?

答えは単純である。買取した中古バイクの取引相場が決まっている以上、買取査定額で調整するしか方法は無い。つまり無料の一括査定サービスを経由するだけで無条件に査定額は目減りしているのである。

それでも無料の一括査定サービスを利用すべき価値はあるのか…よく考えてもらいたい。

ちなみに管理人も過去に一度だけ利用した経験があるが、普段よりも査定額が安いように感じて以後二度と利用していない。もし利用する場合は自己責任でお願いしたい。

管理人の場合、過去に20台近く売却した査定額を比較したデータがあるので、自然と査定すべき相手も絞れてきた。無駄に多くの売却先で査定する必要もない…というのが本音の部分である。

もし必要であれば管理人や仲間のベテラン連中が選びぬいた売却先を以下に添付しておくので参考にしてもらいたい。あなたが20台以上のバイクを売却しているのなら不要だとは思うが、売却経験が浅い方なら充分に参考になるはずだ。