バイク買取なら手続きを代行してくれる業者を選ぶ

売却先比較愛車を売却するには、最近主流となりつつあるバイク買取店の出張査定とレッドバロンのような中古バイクを扱う販売店に持込んでの査定が二大勢力である。

さらには手間や時間の制限さえ気にしなければインターネットオークションといった方法も無くもない。

過去に20台近くの愛車を売却した管理人の経験から考えた場合、正直にいわせてもらえば、ここ数年はバイク買取店の出張査定が頭一つ抜けているというのが率直な感想であるが…。

ただ、車種や状態も違えば売却すべき相手も違う…という当サイトの見解としては、やはり先入観で決めつけずにケース・バイ・ケースで売却先を選んでもらうのが理想的だと伝えておきたい。

基本的に、愛車の車種や状態によってはどの売却先でも高額に手放すことはできるだろうし、逆に高額にならないパターンもあるということだ。その辺りは何台か売却してみれば自然と身につくかと思う。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

売却先が違えば手続きや手間、労力はまったく違う!

とはいえ、売却によって生じる手続きや労力に関しては、売却先によって圧倒的な差がある。これは誰が売却しても変わらない確固たる事実である。

この部分にも諸説あるかと思うが、管理人が手間や手続きの面倒な順番を考えた場合、バイク買取店の出張査定→中古バイク販売店の持込査定→ネットオークション出品…といった順に面倒な作業や手続きが増えると感じている。

もし名義変更や廃車手続き、ネット上の出品作業が苦にならない…という方であればどれを選んでも良いかもしれない。ただバイク買取店に売却する場合とネットオークションでの売却を比較した場合、かかる労力は数倍は違うはずである。

管理人も過去に何度かヤフオク出品した経験もあるが、その莫大な労力と非常識や理不尽な相手に落札されるリスク、そして予想したほど大高額にならない落札金額のバランスを考えて二度と出品しないと心に決めたことも付け加えておきたい。

悪質な利用者が増えた今よりもずっと利用者のマナーが良かった時代に、ウチのツーリング仲間もこぞってヤフオク出品していたようだが、管理人と同じ理由で結局は今では誰も利用してないことを考えれば、その利用価値は察してもらえるかと思う。

というのも、しっかりと高額になりやすい売却先を選んで査定しておけば、大抵の場合はヤフオクでの落札金額と同等かそれ以上になるものだ。

その場合ちょっとした売却先選びと売却前の準備も必要だが、ネットオークションに出品することを思えばはるかに楽である。

自分のお気に入りの売却先が決まっている方は、とりあえず査定を受けてあヤフオクの落札相場と比較してもらいたい。

もし売却先選びに自信のない方は、管理人や仲間が日常的に利用している売却先から選んでおけば変な査定額という事態は避けられるかと思う。

バイク買取店の出張査定は手続きはすべて代行してもらえる

バイク持込査定たしかにひと昔前のバイク買取店の査定額はお世辞にも「高額査定」とは言えない査定額ではあったが、ここ数年で競争が激化したのか明らかに持込査定なんかよりも高くなった。

これは管理人だけでなくウチのチームの連中も口を揃えて言っている。

そういった意味では、管理人は資本主義経済に感謝している。

ひと昔前のバイク王の独占状態では、その他のバイク買取店もバイク王と同レベルに甘んじていたが、ここ数年はバイク王を脅かす買取店もチラホラ現れてきた。チャンスがあれば下克上といわんばかりにバイク王以上の査定額を提示する店舗も増えたのだ。

もちろん面倒な廃車手続きやその他の手続きは基本的にすべて代行してもらえる。

売却時にしっかりと登録書類を用意さえしておけば後日担当者が手続きを完了しメールや郵送で教えてくれる。(※別途、委任状や譲渡証明書が必要な場合もあり)

結果として、もっとも手続きや作業の手間がかからない売却先が、もっとも高額に買取る状態ともいえるのがここ数年のバイク買取業界の流れだと管理人は感じている。

中古バイク販売店の持込でも廃車手続き等は代行してもらえるが…

ではレッドバロン等の中古バイク販売店で売却した場合を考えてみたい。

基本的に書類が用意されていれば、廃車手続きや名義変更等の手続きは代行してもらえるので安心してほしい。もし書類に不備があった場合でもショップ側である程度は面倒をみてくれるはずである。

だが問題は手続きよりも査定額である。たしかに手続きや作業の心配は不要だが、一部の人気車種や最新の車種以外の査定額はバイク買取店の査定額と比べてしまうとダウンしてしまうケースが多い。

これは買取後に店頭で販売する販売店も仕組み上、仕方のない事かもしれないが、在庫の心配のないバイク買取店に比べて数万円程度は下がるという印象がある。

とはいえ、最近では大手のレッドバロンをはじめ、各中古バイク販売店ではバイク買取店に対抗して様々なキャンペーンを実施している。状況次第ではバイク買取店以上の査定額になるケースも無くもない。検討してみる余地はあるかもしれない。

インターネットオークションは廃車手続きや名義変更等、手続きが多い

ネット査定最後に、当サイトのユーザーさんの多くはは利用しないかとは思うが、念のためヤフオク等のインターネットオークションを利用した場合も簡単に説明しておこうと思う。

まずインターネットオークションの場合、基本的に出品側が落札後の手続きを段取りしてあげる必要がある。

手続きそのものは落札者が行なう部分もあるが、あくまで出品者がリードしなくてはならない。

もちろん引き渡しにおいて書類の不備があっては、落札者が手続きを完了できない。確実に書類は用意してから出品しておきたい。

また、ネットオークションでバイクを売却した場合に頻繁に問題になるケースは「落札者がしっかりと手続きを行なわない場合」だといえる。故意かうっかりかは別として、然るべき手続きが完了されない場合、税金や何らかのトラブルでの連絡がすべて元オーナーの出品者にきてしまう。

それを防止するために幾らかの保証金を預かるといった方法もあるが、最悪な場合はそれを無視されるケースもあるようだ。やはりネット上の取引には相応のリスクがあることは覚悟してもらいたい。

そのリスクを冒してまで魅了的な落札金額なら納得もいく。しかし現実的には、よほどの希少車でない限り思ったような落札金額まで高沸しないのが最近のネットオークションである。

おまけに最近ではプロのバイク業者も素人に混じって参戦している。もしリスクを冒してまで出品するなら止めないが、その場合はプロと対等にやりあうくらいの気持ちで利用してもらいたい。