バイクブーンの買取と査定額を考えてみる

バイクブーン公式愛車を最終的にどこに手放すとしても、愛車の相場を知らなければ高額で手放すことはできない。そのために無料の出張査定を利用するのが手軽でリスクも無い。

これは売却経験の豊富な管理人の意見でもあり、バイク買取業界の暗黙のルールともいえる。査定のために無駄な労力や時間はできるだけ節約しておきたい。

そこで、せっかくなら少しでも高額な査定額をゲットすることがポイントとなってくるが、数あるバイク買取店の中からバイクブーンを検討している方も多いのではないだろうか。

結果、管理人にとってマストな店舗とはいえないが、車種によっては、そう悪い査定額でもない・・・というのが仲間の共通認識。ただ以下のような定番の店舗で査定を受けた上で利用した方がいいだろう。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイクブーンはクセのある売却先

もちろん管理人も、過去に何度もお世話になっているし、個人的に思い入れのある一社である。もし査定に申込むべきか悩んでいるなら、迷わず申込んでおくべきである。そもそも無料の査定という時点でこちらにリスクはゼロである。

とはいえ、バイクブーンは微妙に一般的なバイク買取店と違う部分もある・・・というのが管理人の見解。

その部分を事前に把握して、上手く利用できるスマートなオーナーさんであれば、バイクブーンは最高の売却先となるし、反対に使いこなせなければ思うような査定額は諦めた方がよい。

もちろんバイク買取店の仕組み上、一社だけよりも複数店舗で競ってもらった方が高額になるのは常識といえるが、バイクブーンの査定額アップを目的とするなら以下の店舗あたりが丁度よいかと思う。

管理人の20台近くの愛車を売却してきた過去のデータから、いきなり高額査定のケースが多い店舗をピックアップしたつもりである。よくある営業目的の口コミとは違って管理人の実体験から得た生の情報である。

条件次第で売るべき相手は変わるだろうが、この中から幾つか選んで申込んでおくことで、そういった不確定要素も十分にカバーできるはずだ。

バイクブーンの買取の特徴とメリット

過去にバイクブーンの査定を経験した方には説明不要かと思うが、バイクブーンは数多くのバイク買取店の中でも特殊・・・というか一般的な店舗と違う部分も多い。

もちろん「全国対応」や「即日支払い」、「フォロークレジット」「24時間受け付け」というバイク買取店として最低限の条件はクリアしているが、問題は買取車種である。

公式サイトを一度確認すれば気がつく通り、全車種対応とうたいながらも、特定の車種の買取に特化している点が他店舗と大きく異なる。

基本的にハーレーやビュエルをはじめとした外国製のバイク、またはZ1、Z2やGT380にCB750K・・・といった絶版車や希少車の買取りには他店舗に負けないと自負するだけあって、確かにツーリング仲間の結果をみても高額に査定されている。

その手の旧車ばかりを乗り継いでいる仲間によると、どの査定スタッフも外車や旧車の知識が深く、それだけに細かい部分もしっかりと査定され、パーツ類の価値も評価してくれるとの事である。

残念ながら、一般的な国産ロードを専門とする管理人としては、それほどまでのメリットを感じた経験は少ないが、もちろん普通のバイクの査定だから安いということもない。他店舗レベル、もしくはそれ以上で査定されることも多々ある。

もしハーレーやビュエル、ドゥカティにトライアンフといった外車、昭和のカワサキ系の絶版車などを売却する時はいくつかの売却先の中でも軸として扱うべき一社だろう。

バイクブーンを利用すべきオーナーとは

上述したように外車や旧車、絶版車の査定に特化したバイクブーン。

もちろん上記のバイクの売却では申込むべき店舗だが、管理人としてはカスタム済みのバイクを売却する場合でも非常に利用価値が高いと睨んでいる。

というのも、通常のドノーマル状態のバイクを査定する場合、過去の自社の買取データと中古相場、査定基準に沿って計算すれば誰にでもできる。

少々乱暴な言い方をすれば、新人の査定スタッフでもできる査定である。

しかし派手にカスタムを施された車両となると、簡単にはいかない。パーツ1つ1つの価値や人気、中古相場を把握して査定額を調整する必要がある。

つまり価値が判断できれば高額査定になるものが、査定スタッフの知識不足が原因で減額というケースにもなりかねない。その差は天と地ほど大きい。

その点、バイクブーンなら安心できるはずである。年がら年中外車や旧車、絶版車を査定しているスタッフばかりなので、知識の面ではオーナーさん以上なのは間違いない。

もしかしたらオーナーさんすら知らない価値を査定の場で発見する可能性すらあるかもしれない。もしカスタム済みのバイクを売却する場合は念のため査定した方が良いというのが管理人の結論である。