バイク王の買取と査定額、売却すべき店舗なのかという考察

バイク王公式「バイクを売るならバイク王・・・」。

最近では買取り以外でも活躍の場を広げたことで「バイクのことならバイク王」というフレーズに変わりつつあるようだ。

バイクに乗る方はもちろん、バイクに縁のない方も含めて誰もが聞いたことがある有名キャッチフレーズを変えてしまうのは残念だが、今後はバイクをトータルでサポートするという意味を込めてのことである。

これだけバイク王が日本中に浸透したのは、長期間にわたって宣伝や広告に力を注いできた結果だろうし、実際にもバイク買取業界のトップを走り続けている・・・という結果である。キャッチフレーズは嘘でも大袈裟でもない。真実である。

しかし当サイトのスタンスである「バイク査定は条件次第で変動するもので決して一社だけでは決められない・・・」という視点で考えてみると、管理人としては「バイクを売るならバイク王」と決めつけるのはいささか早計という気もする。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイク王は利用すべきだがバイク王だけでは意味が無い

もちろんバイク王は魅力的な売却先のひとつではある。この部分に異論はない。

しかしバイク査定に「絶対」という言葉は無いことは、数々の失敗を繰り返して管理人も勉強してきた。どんなにリサーチや研究したところで最高額の売却先という答えは、査定してみないと誰にも分からないのだ。

なのでバイク王の査定を幅広い選択肢のひとつとして捉えるのは大賛成である。しかしバイク王だけで十分だろう・・・という方には、当サイトの他の記事も参考にしてもらいたい。

もちろんバイク王に対抗させる売却先を選ぶなら、バイク王レベルは無理にしろできるだけ大きなバイク買取店を選んだ方が良い。バイク王の査定スタッフも小さな無名のバイク買取店の査定額など眉唾もので相手にしない可能性もあるからである。

その辺りをトータルで考えた場合、普段から管理人が懇意にしている高額になりやすい店舗が条件としては申し分ないかと思う。バイク王と同レベルかそれ以上の査定額は十分に期待できる。

もちろん買取店の規模としても、バイク王の査定スタッフも無視できない競合他社なので安心してもらいたい。気になる方は上記のエントリーを一読しておけばよいかと思う。

バイク王の悪い口コミが気になる売却オーナーさんへ

中にはネット上に溢れるバイク王の悪い口コミや評判が心配になり、最終的に当サイトに辿り着かれた方もいるかと思う。

管理人も以前から気になっていたが、ネット上の口コミや評判をみると、異様なほどにバイク王に関係したものが多い。それも不思議と悪い口コミや評判が目立つ。

管理人のように何度もバイク王を利用しているオーナーであれば、事実無根だと無視できるが、売却経験の浅いオーナーさんは口コミを真に受けてしまう方も少くないはずである。

もし、その辺りが知りたくてネット上を徘徊しているならば、この場で管理人がハッキリと伝えておこう。バイク王はそういった口コミや評判と違い、非常に親切・丁寧なスタッフが多く、査定額も他店舗とくらべて低いということは無い。

おそらくネット上の口コミや評判の多くは、十分なリサーチや比較もせずにバイク王だけで査定を受けて、思うような査定額を提示されなかったオーナーさんが憂さ晴らしに書き込んだ口コミ、もしくはバイク王に見込み客を奪われて運営に困った業界内部の人間のステルス・マーケティングというのが管理人の見解である。

そもそも現代のようにソーシャルメディアが発達した状況で、口コミや評判通りの行為を続けていれば、即刻炎上で営業なとできない。消費者やマスメディアの力で追い込まれてしまうはずだ。

もちろんバイク王以外のバイク買取店も同じく、査定スタッフの対応にはもっとも注意を注いでいる部分をみれば明らかだといえるだろう。

バイク王の査定額はバイク買取業界でもっとも的確な査定額

管理人も車種や条件に応じて、頻繁にバイク王の査定を利用させてもらっている。

これにはバイク王で愛車を売却したいという目的もあるが、実はそれだけが目的ではないのが正直な部分である。

というのも、バイク王はバイク買取業界の中でも、もっとも的確な査定額を算出するからだ・・・元バイク買取業界のひとりとしていつも驚かされる。

そもそもバイクの査定額というものは、買取実績が多いほど精度が上がり的確な査定額が提示できるものだと管理人は考えている。

それだけ様々な状態のバイク、様々な車種の買取データを保有しているということは、そのデータを元に適正な査定額を算出できるという意味だ。

例えば少々マイナーなバイクをバイク王とそれ以外の店舗で査定したと仮定する。

その場合、ある店舗では過去に同車種の同グレードの買取実績が無く、バイク等では過去に何台も買取実績があったとすると、査定額はどうだろうか。

過去に買取実績の無いバイクの場合、普通の買取店では強気な査定額は提示できないはずである。査定基準を元に査定額を提示して買取後に大赤字になっては元も子もない。当然ながら弱気の査定額になるかと思う。

一方、バイク王は過去に何台も買取しているからデータも十分にある。つまり買取後のシミュレーションも可能な状態なので、思い切った査定額も提示できるというものだ。単純に保有している買取に関するデータ量の違いである。

バイク王で査定する本当の目的とは

上記のようにバイク王の査定額、これは管理人の中では業界のスタンダードな査定額として扱うことにしている。

平たく言えば、バイク王と比較して安いならば平均以下の査定額。バイク王よりも高い査定額であれば平均以上の査定額といった判断材料として活用できるので、とりあえず知っておいても損は無い。

時にはバイク王が最高査定額そいうケースもある、その場合は素直にバイク王にお願いするのは言うまでもないだろう。

ただ、管理人が必ずバイク王で査定を受ける本当の目的。これは上記のような理由ではなく別にある。

バイク王で査定を受けることももっとも大きな恩恵は、他でもない「競合他社に与える影響力」である。

おそらくバイク買取業界でもバイク王の位置づけは別格である、これは間違いないだろう。

競合他社の査定スタッフの心理としては「バイク王だけには負けたくない」と誰でも考えるはずである。もちろん過去の管理人に関しても、少なからず同様の気持ちをもっていた。

つまりバイク王の査定額は、競合他社としては非常に気になる部分でもあり、絶対に負けられないというデッドラインと言っても良いかもしれない。

そういった査定スタッフの心理を刺激するためにも、バイク王で査定を受けて査定額を用意しておくことが、とても有効だと管理人は考えている。

ひと昔前よりもバイク買取業界も競争が激化している。油断していれば知名度も買取実績も他店舗に追い越されてしまう業界だけに、競合他社もトップを走るバイク王に追いつけ追い越せと躍起になっているのである。

そういった心理を巧みに利用することは、売却オーナーさんとして当たり前の方法であって、決してズルい方法ではない。