バイク買取で同時査定は高額になるのか?

バイク同時査定愛車売却のための査定にも様々な方法がある。

まず大前提として、自分で愛車を売却先まで走らせ査定を依頼する従来の持込査定と、最近ではバイク買取の中心となりつつある、売却先の査定専門のスタッフがトラックで査定に足を運んでくれる出張査定の2つ。

もちろんどちらにもメリットとデメリットはあるので、自分の愛車の状況や、売却にかける手間や時間と相談して選んでもらえば良いかと思う。

例え出張査定の場合にしても査定方法は人それぞれである。

自分の選びに選んだ一社に絞り込み、一発勝負で査定する方もいれば、どうせ無料なのだから一社でも多くの無料査定を申し込んでみる・・・という質より量の方もいるだろう。

またバイク売却経験の豊富な方であれば、複数の売却先の査定スタッフを一斉に集め、同時に査定してもらい競い合ってもらう、いわゆる一発入札方式を試みる方も少なくない。まあこれには賛否両論だろうが、方法としては悪くない。

もちろん、一発入札方式だろうが時間差で順番に査定を受ける場合だろうが、ポイントとなってくるのは「集めた売却先が高額査定のポテンシャルを秘めているかどうか」である。

結局のところ、どういった査定方式をとろうと高額査定の可能性の無い店舗ばかりでは高額査定につながりようが無いのである。

因みに管理人が愛車を売却する時は、ネット上の売却先の口コミや評判といった部分は完全に無視である。ああいった匿名性の高い情報は得てして無責任なものが多く、営業目的のものが多い。

唯一信用できるのは、自分で20台近く売却して蓄積された過去の売却経験のデータである。他の誰も知り得ない管理人の経験則

以下の店舗だけ・・・というわけでは無いが、データ的に高額になりやすかった店舗は概ねこの辺りだと感じている。もちろん条件次第で変わるものである、100%信用してはいけないが、参考程度にはなるかと思う。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイク売却の同時査定のメリット・デメリット

さてここからは、元バイク買取業界のひとりとして、または20台近くの売却経験をもつオーナーとして、バイク売却の同時査定について管理人の考えを伝えておきたい。

まず同時に無料査定を行なうメリット。これは言うまでもなく複数の査定スタッフが互いに牽制し合うことで、愛車の査定額が高沸することといえる。

もちろんその考えは間違っていないし、経験上、車種や年式によっては徐々に査定交渉がヒートアップした事もある。管理人としてはそういった同時査定の場で興奮するタイプでは無かったが、実際にヒートアップして査定額が上がる現場もみてきた。

しかしよく考えてもらいたい。

これは同時査定という状況で、他店舗をおさえてでも高額査定で買取しておきたいバイクでなければ成り立たない。それだけ買取側からみて魅力的なバイクの場合限定の話である。

なんだか同時査定というと必ず高額査定に発展するように聞こえるが、査定するバイクによっては思ったほど高額にならないケースも多いことも忘れてはいけないだろう。

バイク買取店の査定スタッフはみなプロである。売却するバイクの状態によっては、他店舗を競い合ってまで買取る価値を感じなければ同時査定や一発入札方式での査定に対応しないケースもある。

下手な査定額を提示して、弱小なバイク買取店の査定額に負けてしまっては買取不成立だけでなくブランドイメージを落とすことにもつながりかねない。デメリットの方が多ければ同時査定を辞退するのが大手買取店であれば当然だといえる。

上記の理由で、同時査定は状況によっては売却先候補を減らしてしまうデメリットもはらんでいる。

せっかくの高額査定の店舗をみすみす逃してしまう可能性を考えた場合、同時査定は一種の賭けだと管理人は考えている。

バイク売却で同時査定よりも時間差で査定すべき理由

これらの理由により、管理人の個人的な意見としては、正直、同時査定や一発入札方式に好印象はもっていない。

元バイク買取業界のひとりとして、複数店舗が集まった落ち着かない雰囲気で査定するのは見落としにもつながるし、冷静な判断を失いやすいというのも理由のひとるでもある。

もし2つ3つの売却先を利用するにしても、同日の時間差でブッキングし、他店舗も査定スタッフと重ならないように気を配っている。(それでも時間がおしてバッティングする場合もあるが)

もちろん査定スタッフに落ち着いて愛車の査定を行なってもらいたい気持ちもあるが、経験上、こちらの方が最終的に高額査定になると信じているからである。

じっくりと愛車を確認してもらい、しっかりと査定スタッフを会話をして判断してもらう・・・至って当たり前のことだが、これは査定スタッフだけでなく売却側の人間にとっても余裕ができる。

また同時査定と違い、自分の後に他店舗の査定を控えている状況となれば、査定スタッフとしては他店舗の査定額を想像して上回る必要に迫られる。これは予想外の結果につながるケースも多い。

また、査定スタッフ一人ひとりをしっかりとコミュニケーションをとることで、バイク買取店の特徴や買取乗せ姿勢を感じることもできる。

どの面を考えてもバタバタした雰囲気で、査定額ありきで進める同時査定や一発入札方式よりも、個別にじっくりと査定した方がどう考えてもメリットが大きいだろう。