バイク査定を依頼すべき店舗はどう選べば良いのか

バイク査定依頼愛車を処分、売却すると決めたからには、少しでも高値で売却したい・・・オーナーさんであれば考える事はみな同じである。

そこには売却代金の使い道が決まっているために、少しでも高く現金化したいという部分もあるだろうが、それ以上に大切に乗ってきた愛車を少しでも高く評価してもらいたい・・・。

というオーナーさんとしての純粋な気持ちもあるかと思う。

で、愛車の売却を決断したのはよいが、まず最初に「どこにどうやって査定を依頼すべきなのだろうか」という基本的な問題に直面する方もいるのではないだろうか。とくに初めての売却ならば尚更だろう。

インターネットやスマホの急激な普及によって、ひと昔前よりも売却方法も売却先の選択肢も増えてきた。おかげで申込みや手続きは手軽になったといえるが、反面、売却先選びそのものが複雑になったといえる。

細かい売却先選びは以下でじっくり話すとして、愛車の査定をどこに依頼するか迷った場合、まずは以下のような一切費用のかからない売却先を利用して査定相場を知ることがポイントになってくるはずだ。

最終的にどの売却先に手放すとしても、高額で売却するためには愛車の取引相場を知ることが不可欠である。そのために出張査定を利用するのが管理人としてはベストだと感じている。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

売却の知識がないオーナーさんは不利な状況

簡単にいってしまえば、現代は売却経験の豊富なオーナーさんには好都合な状況だが、バイク売却経験の浅いオーナーさんには不利な状況・・・。

バイク売却経験の少ない方には厳しい言い方になるが、上手に愛車を売り抜くには、最低限の売却方法や売却先選びの知識を身につけるしか打開策は無いだろう。

たしかに売却方法や売却先の選択肢が増えたからといって、無理に利用せずとも売却は可能である・・・従来のように近所の中古バイク販売店に持込んで査定するという選択肢も無くはない。売却先選びが苦痛という方なら賢い選択だと思う。

しかし、現実的に売却方法や売却先が増えてしまった以上、その中でもっとも高額に売却できる方法をみつける努力も管理人としては必要だと感じている。つまり時代に合わせてバイク売却方法もアップデートするのである。

中古バイク販売店に持込査定を依頼する場合

今ではバイク買取の専門店が台頭により従来ほどの勢いは感じられないが、レッドバロンやバイカーズステーション・ソックス等の中古バイク販売店に持込、査定を依頼するという方もいるかと思う。

中には売却先選びについての口コミや評判をネットで検索した結果、バイク王などの悪い口コミに不安を感じ中古バイク販売店にする人もいるかもしれない。もちろん中古バイク販売店の持込査定で高額で査定されるケースは十分にある。

ただし中古バイク販売店で査定を依頼するのであれば、最低限、バイク買取店との買取スタイルや営業方針の違いは理解しておいた方がよいだろう。この部分を曖昧にしたまま持ち込んだところで、誤解が生じてしまうからである。

まず、中古バイク販売店の持込査定は、基本的に新しいバイクを購入するお客様へのサービスという部分がバイク買取店のそれとは大きく違う。そもそもバイクを販売するのがメインの中古バイク販売店、バイクを販売しなくては店舗を維持できないはずである。

そう考えてしまうと、新しいバイクを購入してくれるオーナーさんと買取りのみの持込査定のオーナーさんに同じ査定額を期待してしまうのは少々無理があるかと思う。

やはり中古バイク販売店としては、新しいバイクを購入することで利益が生じる一部を下取りというカタチで還元するのであって、単なる持込査定のオーナーさんの愛車をわざわざ高額で査定する義理もない・・・というのが本音かもしれない。

中古バイク販売店は不良在庫、販売スペースというリスクがある

せっかくなので、もう一つ中古バイク販売店の査定で高額になりづらい理由も伝えておきたい。

レッドバロンやバイカーズステーション・ソックス等の中古バイク販売店の査定額が思うような高額査定にならない理由として、「実店舗を構えている」ことが大きく関係していると管理人は考えている。

実店舗を構えている以上、店舗の賃料やスタッフの人件費はそれなりにかかってくるはずである。もちろん店頭に並べているバイクの維持費やメンテナンス費用もかかるだろう。

また、バイク買取店が買取りしたバイクを早々に業者オークションに出品するのと違い、中古バイク販売店の場合は自分の店舗の店頭で販売するのが中心となってくる。もちろん在庫する以上は販売スペースもそれなりに必要になる。

そういった状況を考えた場合、中古バイク販売店としては、「短期間で確実に買い手が見つかるバイク」の買取には積極的だが、当然ながら「売れるか売れないか分からないバイク」の買取には消極的になるのは仕方の無いことかもしれない。

下手に入庫したところで、買い手が見つからない状態が続けば販売スペースの面でも新しいバイクを入庫もできない。中古バイク販売店としてはもっとも避けたい状況である。

一部の人気車種や話題の車種の買取には強いが、不人気車や特徴のない車両の買取だと非常に査定が安い・・・といわれる理由はこんな部分にあると管理人は考えている。

まずは査定相場を知るために査定を依頼する

で、結局はどこで査定を依頼すべきなのか・・・という部分の話に戻るが、もし愛車を最高額で売却したいのなら、まずはそこそこ大手のバイク買取店のいくつかで査定を依頼するのがベストだと考えている。

というのも中古バイク販売店に比べ、買取りにシビアな査定スタッフの多いバイク買取店の提示する査定額は非常に的確なため、である。

中古バイク販売店の査定と違い、在庫状況に影響されないバイク買取店の査定は、ある意味リアルタイムの取引相場そのものである。その査定額をいくつかの店舗で比較することでさらに精度の高い取引相場を知ることができる。

もし納得できれば査定額の高い売却先にアプローチすれば良いし、まだ可能性があると思えば、その査定額を材料に中古バイク販売店に持ち込んだりネットオークションに出品する事もできなくもない。

自分の中にハッキリとした愛車の相場観ができている人間と、まったく愛車の相場観の無い人間では、同じ売却方法を選んでも結果は大きく変わるものである。

管理人としては、最初の時点では査定=売却と深刻に捉えず、恐れずにガンガン査定するくらいが丁度よいのではないかと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする