バイク査定の口コミに関する考察

バイク査定の口コミ愛車を査定する前に、ネット上に溢れる査定額に関する口コミや評判を探して参考にする。

今の時代では至って普通のことだろうし、売却先選び上で、既に売却先を利用した経験者の知恵を借りることは大いに役立つと管理人も思う。

しかし、自分の大切な愛車を売却する相手を、そういった他人の意見だけで判断することに対しては、ここで警鐘を鳴らしておきたい。

というのも、そもそも査定に関する口コミや評判というのは他人の主観的な意見がほとんどである。

当然ながら、その口コミや評判を書き込んだ人間のバックボーンを知ることはできないために、どの店舗と比較してどの程度お勧めなのかがハッキリしていないケースが大半といえる。

当サイトのユーザーさんのために少し厳しい言い方をさせてもらうならば、「単なる根拠のない個人的な感想」である。売却先の特徴を知る程度なら利用価値もあるだろうが、売却先選びの判断材料にしたらきっと痛い目にあうはずだ。

とはいっても、過去に20台近くの愛車を売却した管理人のような人間は少数派。当サイトのユーザーさんの中には初めての売却や、バイク売却経験の浅い方もいるかと思う。

経験上、売却経験の少ない方ほどネット上の口コミや評判に踊らされる傾向がある。下手に情報収集を始めたために、さらに売却先選びの基準がブレにブレて、迷走してしまうパターンが多いようだ。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

情報収集は経験豊富なオーナーさんには有意義だが、初心者にはリスクもある

ある程度の売却経験を重ねることで、バイク売却に関する貴重なデータが自分の中に蓄積されることになる、これは実体験でしか得られない生きた情報である。

そうなれば、ネット上の口コミや評判を自分の経験というフィルターによって取捨選択ができるようになる。

そして信頼に値すべき精度の高い情報だけを拾い出すことが可能となる。

そういったレベルのオーナーさんであれば情報収集も有意義であり、管理人としてもアドバイスする余地はない。

しかし残念ながら、売却経験の少ない人間の場合そうはいかない。精度の高い情報をスルーし、怪しい情報を吸収してしまう危険もあるので注意が必要だ。

下手に情報収集して、怪しい情報や営業目的の書き込みを信じてしまうリスクを考えた場合、管理人としては最初から情報収集などに時間を費やさずに、自分の信じた売却先を利用した方が遥かに良い結果につながるかと思う。

バイク査定の口コミは業者がユーザーになりすまして書き込んだ可能性もある

元バイク買取業界のひとりとして非常に残念なことではあるが、ネット上の口コミや評判の中には業界内部の人間がユーザーになりすまして書き込んだ口コミも多いといわれている。

これは最近では一般的になってきたステマ(ステルス・マーケティング)と呼ばれる手法の一種だといえるが、素人を装い自社の営業行為を行なうために、一般の広告や宣伝と違って一般ユーザーも営業行為と分からずに誘導されてしまう。

バイク買取業界やバイク販売店業界も顧客獲得のために、方法は選んでいられない・・という状況なのだろうか。そういった口コミや評判を参考にする方は注意してもらいたい。

もちろん業者が一般ユーザーになりすました口コミや評判は非常に巧妙なものが多く、正直これだけ売却経験の豊富な管理人でさえも判断に迷うほどの口コミも多い。

売却経験の浅い人間では真偽を確かめることは不可能だろう。

まあ最初から口コミや評判を信用しないのが1番だが、どうしても口コミや評判を参考にしたい・・・という方は以下のような口コミや評判はとくに注意して欲しい。

まず特定の一社だけを褒め称えるような査定の口コミや評判。この手のステマとしては基本的な方法なので怪しいと気がつく人も多いだろう。

そもそもバイク査定において絶対にお勧めといえる一社など存在しないはずである。これは当サイトでは何度も説明しているが、条件次第でベストな売却先も変わるもの。そういった解説もなく、単に特定の一社をゴリ押しする口コミや評判は最初から信用するに値しないといえる。

同じく特定の一社のみをこき下ろす口コミや評判。これも管理人としては業界内部からの口コミや評判という気がしてならない。

普通に考えても、よほどの恨みでも無いかぎり、一般のユーザーさんが特定の一社をこき下ろす必要などどこにもない。

いくつかの売却先を比較して、本当に査定額の安い売却先があったとしても売却しなければ良いだけの話である。査定額の悪かった店舗をわざわざ書き込んだところで書き込んだ本人に何のメリットも無いのだから。

むしろ、そういった特定の一社をこき下ろす必要があるのは業界内部の人間。その店舗の利用者が自社に流れることで利益が発生する競合他社に他ならない。利害関係を考えた場合、その手の口コミは一般ユーザーではなく、競合他社が発信したと考えるのは自然な流れだといえる。

バイク査定の口コミで売却先を決めてはいけない

バイク査定の口コミは真偽がハッキリしない部分も多いだけでなく、売却先によって口コミの量が大きく違う部分も管理人としては非常に気になる部分である。

例えば最大手といわれているバイク王の口コミや評判は良い悪いはさておき、ネット上を探せば際限なくみつけることができる。一方、少々マイナー路線ともいえるバイクボーイやバイクパッション・・・等のバイク買取店の査定の口コミや評判となると、なかなか信頼できる口コミをみつけることはできない。

簡単にいえば口コミや評判が大手に集中し過ぎているのである。

バイク王のように口コミや評判が多ければ多いほど、信頼できない情報も多くなり情報の精度は落ちることが予想されるし、逆に口コミが少なすぎる場合には情報が偏っている可能性もある。

そもそも売却先によって口コミや評判の量がこれだけ違うと、同じ土俵で比較することもできない・・・というのが正直なところであろう。

その辺りを踏まえても、売却先選びの判断材料に口コミを調べる・・・というよりも、気になる売却先に申込みを終えてから、査定前の準備として売却先の特徴や査定の進め方を勉強するために利用しておいた方が無難だと思える。