バイクに傷が多い場合の査定額を考える

バイクの傷は気にしないこれから愛車を売却する方であれば、もっとも興味があるのは、果たして自分の大切な愛車がどの程度の金額で査定されるのだろうか・・・といった部分かもしれない。

せっかく愛車を売却するのなら、誰であろうと少しでも高額で査定しもらいたい気持ちは同じだろう。

そこで、売却準備として愛車をよく観察してみると、普段は気づかなかった傷やダメージが意外と多いことに気づく方もいるのではないだろうか。

いざ売却を決めると、これまでの視点とは違い、客観的に自分の愛車をみることができるので当然のことである。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

売却予定のバイクの傷や破損は修理費を払ってまで直さない

で、中には愛車の査定額を下げないように、バイク店や修理工場に持込んで修復しておいた方が良いのではと悩む方もいるかと思うが、管理人の判断としては絶対にやめるべきだといえる。

というのも、修復や修理にかかった手間や費用ほど、査定額に変化がでないから・・・という単純な理由である。

そもそも一般ユーザーがバイク店や修理工場に持込んで修理する場合、通常はお客さん価格を請求される。いわゆる業者間価格ではなく、エンドユーザー向けのもっとも高い料金といえる。

それに比べ、バイク買取店やバイク販売店が買い取ったバイクを修理する場合、自社工場や提携工場に持込むことで破格で修理ができる。しっかりとした自社工場を保有している大手バイク販売店や買取店であれば無料のようなもの。

つまり傷やダメージは買取店や販売店の査定スタッフにとって、こちらか考えているほど大した判断材料ではないのである。

そういった意味では、大手で自社工場がしっかりとしている売却先ほど傷やダメージを気にしない傾向があると管理人は感じる。

例えば以下の管理人の定番としている売却先の場合、その手の傷やダメージが多いという理由で減額された経験は一度も無いはずである。

そもそも修理の不要な傷の可能性もある

こういったバイクの傷と査定額の話になると、ちょっとした話の行き違いが生じることもある。

というのも、様々なジャンルのバイクがあるために、同じバイクとして一概に「傷やダメージは査定に響かない」とは言い切れない一面もあるためだ。

例えばオフロード車両やエンデューロ車両の場合、通常の乗り方でも十分に傷だらけになるジャンルである。もちろん走行に支障をきたすような大きなキズやダメージは別問題として、通常使用の傷は査定にはまったく影響しないはずである。

逆に見た目重視のアメリカンバイクや高額な大型バイクなどは、傷やダメージが多いとそれなりに査定額に影響することが予想される。つまり中古バイク市場に流通した際に、購入層が傷やダメージを気にするかどうか・・・という部分に左右されるということ。

とはいえ、上記のようなジャンルであれば分かりやすいが、判断に悩むジャンルの場合もあるだろう。せっかく査定額アップのために修理費用を払ったにもかかわらず、まったく査定額に影響がでないという最悪の事態だけは避けておきたい。

そもそも中古バイクという時点で、多少の傷があるのは購入層も了承済みである。下手に修理費用をかけて高額になるのなら、現状のままで価格が安い方が喜ばれるというケースも非常に多い。

バイク買取店や販売店にそういった選択肢を残す意味でも、査定前に自分の判断で修理するメリットは無いように管理人は考えている。必要であれば買取後に格安な自社工場で修理するだろうし、車種によってはそのまま中古市場に流通させるだろう。

その判断は売却オーナーさんよりも、売却先の査定スタッフの判断に委ねた方が間違いないかと思う。

バイク査定前に傷は修理する必要無いが、把握しておくこと

上述したように「傷は修理すべきではない」と言ってしまうと、もしかしたら「傷もダメージも放置したままでOK」と受け取られるかもしれない。

念のため、誤解のないように説明しておくが、傷を修理すべきではないというのは「高い修理費用を払ってまで修理する必要は無い」という意味であって放置したまま査定を受けてもOKという意味ではない。

もちろん査定前に洗車ついでに愛車の細部まで傷のチェックを行い、簡単にタッチアップ等で改善できるレベルの傷はタッチアップするべきだし、コンパウンドで磨くことで消去可能な傷はコンパウンドで磨きこんで改善しておいて欲しい。

まあ、仕事やプライベートで査定前にそういった時間のとれない方もいるかと思う。そんな方でも傷をチェックして把握だけでもしておきたい。

同じ傷やダメージがある状態で査定するにしても、オーナーさんが把握している場合と査定当日に査定スタッフに指摘されて気がついた場合では相手のイメージも違うものである。

愛車の細部まで知り尽くしているオーナーさんとなれば、手を抜けない上に下手な査定額も提示できない。

反対に愛車の状態にも気づいていないオーナーさんとなれば、愛車の査定相場も知らない可能性もあるし、そもそも複数店舗で査定していない可能性もある。査定スタッフにとってもっとも自分のペースで進めやすいオーナーさんである。

そういった査定スタッフ目線から考えてしまえば、傷を修理するしないは別として、愛車の傷やダメージを知り尽くしているオーナーさんの方が、高額になりやすいのは当然のことだといえる。