事故車のバイク買取はどこに依頼するのがベストなのか?

事故のバイクを引き下げバイクを運転する以上、自分がどんなに注意していても、避けようのない事故に巻き込まれる事もある。

単独でコーナーを曲がりきれないで転倒・・・といったケースなら自分の責任だと諦めもつくが、バイク事故の多くは無謀運転の自動車や不注意の自動車に巻き込まれるケースが多い。

自動車の方が明らかに不注意だというのに、怪我やダメージを受けるのはいつでもバイク側である。

バイクの特性上、ライダーの体がむき出しなので仕方の無いことだが、管理人として非常に胸が痛む。

当サイトで愛車売却のポイントをお伝えしているが、もっとも査定額を左右するのは査定を受ける売却先選び。

残念ながらマニュアルが厳しく査定額の上限が低い店舗もあれば、他社と比較して融通のきく店舗もある。

複数の店舗で査定を受けるのは今や鉄則だが、申し込みが終わった段階で、ある程度、結果は見えている。

以下のエントリーで売却先を厳しく評価している。よかったら参考にしてもらいたい。

管理人と仲間がリアルに選んだ申込むべき売却先!
査定すべき売却先を様々な角度から徹底的に斬る!
管理人と他の4人のメンバーが選び抜いた以下の売却先。

もちろんどこに申込んだとしても...

バイクの価値を判断できる相手を選ぶ

ひとたび事故に遭った場合、もし幸いにも自分の体が無傷や軽症で済んだとしても、間違いなくバイクには大きなダメージが残るはずである。

保険で修理できるレベルであればよいが、中には修理費用が車両価格を超えてしまい、突然の廃車宣告を余儀なくされるケースも多い。

そんな時、手元に残された事故車のバイクの処分に悩むオーナーさんもいるかと思う。

というのも事故車のバイクの多くは、当然ながら自走もできなければ、真っ直ぐに押して進むこともできない状態。つまり近所のバイク店に持込むこともままならないのである。

中にはネット上で見かける「バイクの廃車専門の引取サービス」といった廃車専門業者を利用してみるのは・・・という方もいるかと思うが、管理人としてはその手のサービスよりも、先ほどご紹介したエントリーにあるバイク買取店から幾つかピックアップして査定してみる事をお勧めしたい。

公式サイトをチェックしてもらえば納得だと思うが、以下の店舗に関しては事故車でも喜んで査定する上に、流通ルートが幅広いために、事故車であっても十分に査定額がつく可能性が高いのは間違いない。

事故車の査定額は自分で決めつけてはいけない

これは管理人の過去の愛車の話だが、「こんな状態では買取不可なのでは・・・」といえるほどの大事故に見舞われたバイクが、思わぬ高額で査定されたことがある。正直、自分でも査定がつかないと想像していたために非常に驚いた経験がある。

査定スタッフに聞いたところ、こういった事故車や不動車でも車両によっては数多くの貴重なパーツや希少なパーツが使われていれば、パーツ類の価値という意味で査定額は十分につくものと説明された。

他にも、事故車だと価値が下がるのは日本人の発想であって海外の方々は事故車かどうかなど気にしない。頑丈で壊れにくい日本製のバイクは海外に輸出すれば事故車であっても十分に価値があるということである。

つまりそういった販売がルートを用意している売却先を選んで査定すれば、事故車や不動車、廃車寸前のバイクであろうとも十分な査定額がつく可能性が大きいともいえる。

もし事故車や不動車を処分する場合は、部品取りや海外輸出といった幅広い流通網を確保しているかどうかを基準に売却先を選んでみるのが賢い売却先選びだと管理人は考えている。

廃車専門サービスはバイクの価値を判断できない

廃車専門の引取サービスを利用する前に必ず通常のバイク買取店で査定すべき理由にはいろいろあるが、管理人としては「バイクの価値をしっかりと評価してもらえる」部分がもっとも大きいと考えている。

というのも廃車専門の引取サービスの多くは、残念ながらバイクを廃車前提で回収する。少し乱暴な言い方になってしまうが、バイクを鉄の塊として扱う傾向があるということだ。

いくら事故車や不動車であっても、上記のような貴重な純正部品や希少なカスタムパーツが含まれているケースも多い。または東南アジアやアフリカ諸国で人気の日本製バイクの可能性もある。

そういった可能性をいっさい考慮せず、スクラップ前提で鉄の塊としてバイクを判断されては、堪ったものではない。

その点、バイク買取店であれば数多くの流通網を考慮して、もっとも評価される相手に再販することが可能といえる。車両そのものが希少であれば多額な修理をしてでも復活するだろうし、部品に価値があれば部品取りの価値として査定する。

こちらが思いつかない売却先を考えだしてくれるものだ。

とはいえ、車種や状態によっては当然ながら買取不可のケースもあるだろう、酷い状態であれば申し込んだすべての売却先で買取不可という可能性も無くはない。その時はその時である。そこで廃車専門の引取サービスを活用すれば良いだけの話である。

そもそも出張査定はいっさい無料である、買取不可となってもオーナーさんには負担は無いのだから、事故車でも不動車でもまずはダメ元で査定するくらいの心意気が大事かと思う。